実質的なシーズン3だが、今までと違って今週の月〜金に「日刊トーチウッド」として放送された全5話のミニ・シリーズになっている。

ある日とつぜん世界中の子供たちが動きをとめ、「我々はやってくる」と一斉に唱えだす現象が発生。そしてこれに合わせて「456」と呼ばれる地球外生命体がロンドンに来訪する。彼らの目的は何か?トーチウッドは彼らを阻止できるのか?そしてキャプテン・ジャック・ハークネスと「456」の意外な関係は…?というのがおおまかなプロット。

インベイジョンSFとしては派手な災害や地球外からの攻撃シーンなどはないものの、手堅い演出のおかげで最後まで飽きさせない。今までの「トーチウッド」にありがちだったキャンプ趣味も鳴りを潜め、各メンバーの私生活にも焦点をあててヒューマン・ドラマとしても面白くさせることに成功している。またトーチウッドだけでなく政府の職員の葛藤などもきちんと描いたことで、侵略される側の不安さをうまく醸し出している。

とはいえ重警備の軍施設にショベルカーで突っ込んで侵入に成功したり、役人のオフィスで働く新人が、たまたまポストイットに書いてあったパスワードを使って最高機密の文章を読んだりするなど、それなりにご都合主義的な展開はありますが。ポストイットにパスワード書いてモニターの横に貼ってる奴なんてうちの職場にもいないぞ!ラストの解決策についても弱冠詰めが甘いような気がするけど、全体的にはとても楽しめる内容でした。今後も「トーチウッド」はこのミニ・シリーズ形式をとった方がいいんじゃないの。

そこで問題なのが、果たしてシーズン4は作られるのかということでして、これでおしまいにするにはしっくりこない気がする反面、基地もメンバーもなくなったトーチウッドがこのまま存続できるのかは疑問ではある。何にせよこうして面白いものが作れるんだから、何かしらの形でキャプテン・ジャックたちの帰還を望みたいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now