日本じゃあまり話題になってないけど、マイクロソフトのMP3プレーヤー「ZUNE」の売り上げの一部がユニバーサルミュージックに行くんだと。MP3を聞いてる奴はファイルを違法ダウンロードで入手してるケースが多いから、その補償として前金を払うということらしい

これっていくら頭をひねっても理解できないんだが、MP3を聞く奴はみんなドロボウだって見なしてるようなもんだよね?みんながミックステープを聴いてた頃だって、ソニーがウォークマンの売り上げの一部を音楽レーベルに払ったことがあったか?DVDプレーヤーやHDレコーダーを買うときに「海賊版の映画を見られるかも知れないから、売り上げの一部はユニバーサル映画に行きます」なんて言われても納得しないでしょ?しかも補償金を払ってるんだから、違法ダウンロードでファイルを入手してもOKということになるのか?しかもなんでユニバーサルだけ?肝心のアーティストにその補償金は行き渡るのか?

まあアップルのiPodのシェアを削るためにマイクロソフトが音楽レーベルのケツにキスをしたということなんだろうが、他のレーベルもこれに続くらしいということで実にたまらんなあ。スティーブ・ジョブスが音楽レーベルにケリを入れることを願うばかりです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now