傑作クライム・コミック「100 BULLETS」の最終巻。全12話を収録という大ボリュームのなか、最後のクライマックスに向けた怒濤のストーリー展開が語られていく。

ここ数年の「100 BULLETS」の問題として、世界を牛耳る集団「トラスト」のメンバーたちとエージェント・グレイヴス率いるミニットメンたちの対立・駆け引きが深まるにつれ、金持ちの白人連中が酒を飲みながら今後の出方を語り合うという場面が多くなり、連載開始時の大きなテーマだった「ごく普通の人が100発の銃弾と復讐の機会を与えられる」というアングルから離れていったことが挙げられる。不幸にあえぐ市井の人々の描写がこの作品では傑出してたんだけどね。当然ながらこの最終巻ではトラストとの全面対決に焦点があてられるため、金持ちの豪邸を舞台にした密室劇の場面が多分に描かれるんだが、アクションの場面がうまく挿入されていることや、話がグングン進んでいくことから今までほどは気にならなかったかな。また物語の結末はすべての謎が解き明かされるようなものではなかったものの、長らくついてきたファンを満足させてくれる終わりかたであった。

そしてエデュアルド・リッソによるアートは相変わらず最高。貧しいスラムから高級住宅、ゴロツキから美人の富豪までが巧みに描き分けられ、アクション満点のシーンからドラマチックな場面までが、影を効果的に用いたスタイルによってページに描かれていく。今後彼がどんな作品を手がけことになるのか知らないけど、何であれ彼の作品なら手にする価値はあるだろう。というか今後も「100 Bullets」の外伝的作品が作られるかもしれないという噂は本当なのかな。

ここ10年くらい読んできたシリーズが終わってしまうのは残念な限りだが、最後まで読み応え十分の作品を作りだしたブライアン・アザレロとエデュアルド・リッソに感謝。

ただ一つだけ言わせてもらうと…レミ・ロームがヘタレすぎ!最後に覚醒したミニットメンという身分から、どんな凄い奴なんだろうと思っていたら単に口の達者な若造で、俺の好きな登場人物を間違って殺すし、自身のやられ方もカッコ悪いし、最後まで情けない奴であった。奴の兄貴も頼りがいがあるようでヘタレだったし。あの2人がもっと興味深いキャラだったらシリーズの後半はもっと面白くなってたと思うんだがなあ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now