こないだコメディ・セントラルが放映して、すぐさまDVD化された「Chappelle’s Show – The Lost Episodes」を観る。 これは「Chappelle’s Show」の成功にまつわるプレッシャーによってデイブ・シャペルがダウンしてしまう前に撮っていたスケッチを再編集して3つのエピソードにしたもので、司会はシャペルの代わりにドネル・ラウリングスとチャーリー・マーフィー(エディの兄貴。顔がそっくり)が勤めていた。スケッチのコンセプトは今までのと大体同じで、フライドチキンの誘惑に負けそうになる黒人とか、「ララ(ローラ?)」と発音できない日本人とか、相変わらずキツい人種ネタのオンパレード。警備員やってたゲイリー・コールマンのネタなんかもあった。

興味深いのは、シャペルが有名人だと知った途端に膨大な金を要求してくる床屋とか、無名時代にフラれたガールフレンドにシャペルが復讐する話とか、シャペルの名声にまつわるスケッチがいくつか見受けられること。シーズン2の後のほうのエピソードにも、コメディ・セントラルの要求に難色を示してシーズン3の制作を断るスケッチなんかがあったけど、早くもこの頃から彼は自分が手に入れた名声と、その代償を感じ取ってたわけですね。

ちなみに代役2人が勤めてる司会は、やっぱりシャペル本人がやらないと非常に味気ない。どうしても主役不在という感じが強いから、どこかしら空気が重いんだよね。特に頭に来たのは、ある人種差別的なスケッチのあと、会場の客たちと人種差別についてのディスカッションをやらかすところ。誰もこの番組に「政治的に正しい」笑いなんて求めてないんだからさ、なんか変に偽善ぶったことはやめとこうよ。

それで肝心のシャペル自身は、撮ったスケッチがこのような形で再編集されることを拒んで、もしコメディ・セントラルがこれらのエピソードを放映したら、もう番組には戻らん、みたいなことを言ったらしい。でもコメディ・セントラルは放映しちゃったわけで、おかげで「Chappelle’s Show 」はもう新しいエピソードが作られないんだろうな。相変わらずゴタゴタが続いてるけど、これが落ち着いたらまた元気な姿を見せてくださいシャペル様。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now