ずっと前にアクアマンがTVシリーズ化されるかもしれないと書いたけど、本当に制作されてしまった。でもパイロットが作られたのみで、結局シリーズ化はされないみたい。んでそのパイロット版(別名「MERCY REEF」)がiTMSで販売されていた。失敗したパイロット版を有料で売るなよワーナー。 主人公を演じるのはジャスティン・ハートリーとかいうハンク男優で、共演者はルー・ダイアモンド・フィリップスにヴィング・レイムズと少し豪華。ついにTVシリーズの脇役にまで落ちたかフィリップス。フロリダで養父と暮らすアーサー君は、水中を猛スピードで泳げること以外はごく普通の青年だった。しかしある日、半魚人のような女性に襲われたことから自分の出生の秘密を知る。実は10年前に行方不明となった彼の母親は海底王国アトランティスの王女であり、彼は皇族の血を引いた人間以上の存在だったのだ。そんな彼にさらなる刺客がせまる…。というのが主なストーリー。コミックスにおけるアクアマンのオリジン(いくつもあるけど)をうまく脚色できてるかな。政府のエージェントや美人パイロットなんかも出てきます。

「ヤング・スーパーマン」のプロデューサーが制作しただけあって、全体的な雰囲気は「ベイウォッチ版ヤング・スーパーマン」といったもの。白人の美男美女が(しかも今回は水着で)多数登場するというのはワーナーの得意とするスタイルすね。でも主演のハートリーは「クラークス」のジェフ・アンダーソンに似てるせいか、なんかマヌケそうな感じ。そしてキャストは全般的に演技ヘタ。というかヴィング・レイムズってあんなにセリフまわしが辿々しかったっけ?

それでも決して悪い作品ではないし、「水中で暮らせるだけ」という設定が災いしてか、コミックスにおいても扱いの難しいアクアマンをうまくTVにもってきた手腕は賞賛に値する。iTMSでの売れ行きもトップを走ってるようだし、もしかしたらミッドシーズン用の作品として復活するかも?でもハートリーは「ヤング・スーパーマン」にグリーン・アローことオリバー・クイーン役で準レギュラー出演することが早々と決まったそうな。金髪の役者は人気があっていいね。

個人的には実写版ブラック・マンタがぜひ見てみたかったのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now