9/11 5年後

あれからもう5年かあ。

実は5年前のちょうどあの時期に、初となるニューヨーク旅行を予約してたんだよね。そしたらあの晩に親からの電話でニューヨークで大変なことが起きてることを知って、テレビをつけたら貿易センターに大きな穴が開いているのを目にしたわけです。最初は管制塔のガイドミスかなにかで飛行機が突っ込んだのかと思ったけど、どうもテロらしいという情報がだんだん入ってくるようになり、2つのビルが次々と崩れていくのと同時に、俺の頭のなかでも旅行の計画がガラガラと崩れていったっけ。

結局ニューヨークへはそのちょうど1年後に行けたんだが、当時はまだ被災の跡が生々しく残っていて、花や寄せ書きがずいぶん捧げられていたのが印象に残っている。そのなかに日本語で「早く日本のような素晴らしい国になってください」という寄せ書きがあるのを見て、ひどく複雑な気分になったっけ。考えようによってはとても失礼な一文じゃねえか?

あれから5年がたち、いまだに貿易センター跡地にはぽっかり穴があき、大量破壊兵器は見つからず、アフガンは忘れられ、ハリウッドは9/11をネタに金儲けをしていて、イラクでは人が毎日殺されている。結局我々が9/11から学んだ教訓って何なんだろうね。

ささやかな記念として、最近の記者会見の映像へのリンクを貼っときます。

「大量破壊兵器はイラクになかった」
「9/11とイラクは何も関係ない」
「サダムと9/11が関係あるなんて、この内閣は言ったことがない」

だってさ。

コイズミはまだイラクに大量破壊兵器があると思ってんのかな。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now