「ジーナ」というニックネームが付けられていた矮惑星(仮訳)「2003UB313」に、ギリシャ神話の混沌の女神にちなんで「エリス」という正式名称が与えられたとか

「ジーナ」といえば「闘姫ジーナ」こと”Xena: Warrior Princess”が連想されるということで欧米のギークどもの間で話題になった名前だけど、主人公ジーナを演じる役者がルーシー・ローレス(Lucy Lawless)だからLawless→Lawlessness→混沌→混沌の神→エリス、という感じでつながっていったんじゃないかと思うんだが、違うかな。

ちなみにこのエリスという神、トロイ戦争を勃発させた張本人とされるだけでなく、アメリカはベイエリア生まれのパロディ宗教「ディスコーディアニズム」においては最も崇められる存在であり、今回の命名はそっち方面でも話題になってるらしい。俺もアマチュアのディスコーディアンなので、我々の女神の名前がこうしてポピュラーになったことは非常に喜ばしいことなのです。

Hail Eris! All hail Discordia!

Trackback

no comment untill now

Add your comment now