やっぱりダメそう。 いまアメリカでは「オーメン」のリメイクが実に徹底的にボロクソ言われてるわけだが、やっぱりリメイクってなにかしら現在において製作する意義がないとアカンと思うのですよ。単に日付が「666」になるという理由なんかじゃなくて。んで「ウィッカーマン」をリメイクすることの意義を考えてみたんだけど、さっぱり頭に浮かんでこない。オリジナルがあれだけ見事なホラー作品になっているんだし、最近はDVDも比較的容易に入手できるようになったんだから、見劣りするリメイクを今さら作んなくてもいいじゃん、と思うんですけどね。

今年はこの「ウィッカーマン」に加え、「ゴースト・ライダー」に「ワールド・トレード・センター」と、なんかニコラス・ケイジ関連の作品は駄作が続きそうだなあ。今に始まったことじゃないけど。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now