アメリカでは来週ついに「SUPERMAN RETURNS」が公開されるわけで、既に鑑賞した批評家たちからは絶賛されてるらしい。ああ早く観てえ。だがとりあえずその前に、こないだ発売されたDVDムービー「SUPERMAN: BRAINIAC ATTACKS」を観る。 これはアニメ・シリーズ「SUPERMAN: THE ANIMATED SERIES」の長編作品で、例によってブルース・ティムがデザインしたキャラクターたちが画面中を動き回ってくれるのです。ただし「SUPERMAN : TAS」や、特にあの大傑作「JUSITICE LEAGUE UNLIMITED」では俺みたいなオールドファンも喜ばせてくれるような話の展開が多々あったのに比べ、今回の作品は明らかに内容が子供むけ。スーパーマンの宿敵ブレイニアックはただの巨大ロボットみたいで、シリーズ版にあった知的で冷酷な感じはなくなってるし、「JLU」では主人公なみのクールさを発散していたレックス・ルーサーに至っては、やたら騒いでくだらないダジャレをとばすような、実につまらないキャラクターになってしまっている。おまけにどうも絵が下手だし、「JLU」並のクオリティを期待してると本当に失望させられる内容になっている。おかげでアマゾンでも酷評されまくってるようだ。

でも必ずしも全てが悪いわけではなく、ブレイニアックとの戦いのサブプロットとして、ロイスに恋慕するクラークのつつましい行動がよく描かれていて、ここらへんは往年のロマンチック・コメディを観ているようでなかなか楽しませてくれる。それに「ティム絵」のキャラクターたちは相変わらずアニメーションにうまくマッチしていて、これが「ULTIMATE AVENGERS」と違う点だよなあ。「ULTIMATE AVENGERS」が「悪くはないけど、つまらない作品」だとしたら、こちらは「傑作ではないけど、そこそこ面白い作品」といった感じでしょうか。

しかし俺はアニメよりも実写のスーパーマンが早く観たいのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now