スーパーマンが誕生してから現在に至るまで、いかにコミックやテレビや映画といった様々なメディアにおいて活躍し、長い年月のなかでどう移り変わっていったかを扱ったドキュメンタリー「Look, Up in the Sky – The Amazing Story of Superman」を観る。 ナレーションをケビン・スペイシーがやってることから明らかなように、こんどの「スーパーマン・リターンズ」に関連して作られたドキュメンタリーだけど、単なる映画のタイアップ的作品ではなく、スーパーマンが現実社会にいかに影響を与え、逆に影響を与えられたかを緻密に紹介した佳作となっている。マーゴ・キダーやディーン・ケインといった歴代のスーパーマン俳優や映画関係者のほか、スタン・リーやエリオット・S!・マギン、マイク・カーリンといったコミック関連の人々も数多く出てきてスーパーマンの魅力について語っていくところに見応えあり。なぜかキッスのジーン・シモンズも出てたりする。

世界的な不況の時代に救世主のごとく現れたスーパーマンは、すぐに多くの読者の絶大な人気を獲得し、やがて彼の活躍はラジオやアニメーション、実写テレビシリーズといった最新のメディアへと飛び出していく。当然その裏では人気の浮き沈みがあったりするわけだが、スーパーマン関連のテレビや映画に出た人たちが自分の役について、何か非常に特別なものだったかのように語ってるのが興味深い。クラーク・ケントやロイス・レーンの役はまるで王位のように役者から役者へと引き継がれ、それぞれが自分なりのアレンジを加えていくわけだ。よくグラント・モリソンが述べている説として「コミックのキャラクターたちは2次元世界の住人であり、我々の世界の時の流れを超えて、我々に影響を与えていっている」というものがあるけど、確かに例えばブライアン・シンガーやリチャード・ドナーなんかの行動や発言よりも、スーパーマンのほうが遥かに影響力があるようになったんだよね。

なお個人的な意見では、歴代のスーパーマン俳優ではやはりクリストファー・リーブがダントツにカッコいい。ロイス・レーンはマーゴ・キダーもいいんだけど、テリ・ハッチャーの方が好みかな。彼女をテレビで初めて演じたノエル・ニールもなかなかパルプ的な雰囲気があっていい感じ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now