ウィンドウズXPがインテルマックで使用できるというアップルの純正ソフト「BOOT CAMP」のリリースを知って驚愕し、すぐさまインストールに挑戦してみる。

やり方は単にアップルのサイトからインストーラーをダウンロードして実行すればいいだけなんだけど、俺のマシンの場合はこないだonmac.netの方法でXPを入れようとしたのが災いしたのか「ディスクを修復してください」というメッセージが出たので、起動用DVDを使ってディスクを修復するはめに。そしたら今度は「ディスクをフォーマットしなおしてください」というようなメッセージが出たので、フォーマットしてデータが消えたら一大事と思い数時間かけてバックアップを行う。面倒くさいね。そして再フォーマットを行うまえに念のため再度インストーラーを走らせてみたら、今度は何の問題もなくパーティションが切れてしまった。バックアップとる必要なかったじゃん。何なんだ。

そしてXP用のパーティション切りからインストールまでは非常に簡単。onmacのやり方だとインストール画面が文字化けしたけど、そうしたこともなくスムースに進む。そしてついにXPを起動…速い!動作もサクサクいく!ウィンドウズネイティブのマシンを使ってるかのような快適さ。おまけにマックのハードウェアとの互換やネットワークの設定なんかも、インストーラーと一緒についてくるドライバを入れてあげればあっという間にクリア。いやー立派。まだあまりいじくってないけど。

でも前にも書いたように、ゲームやWinnyをするわけでもないのでXPがあっても使わないんだけどね。いずれ役立つしれないのでいちおう入れておこう。ちなみに最低限度である5ギガのパーティションを切ってインストールすると、空きは2ギガほど残る。あとアップルのUSサイトではインテルマック用のファームウェア・アップデートが公表されているので、これをインストール前にかませといたほうがいいかもしれない。

これだけ周到なソフトを用意するとは、アップルもかなり前からOSX&XPのデュアルブートを研究してたに違いない。これである意味「禁断の扉」が開かれたわけで、これがアップルにとって吉となるのか凶となるのか興味深いところです。XP経由で感染するマック用ウィルスとかが出現したら怖いなあ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now