DCコミックスのキャラクター、「キャプテン・マーヴェル」を主人公にした映画をニュー・ラインが企画してるとか。グラント・モリソン&フランク・クワイトリーの大量虐殺動物兵器コミック「WE3」の映画化といい、最近のニュー・ラインはアメコミづいてるなあ。ワーナーの子会社だけのことはある。

キャプテン・マーヴェルは「シャザム」と呼ばれることが多いけど、これは主人公のキャラクターの名前ではなく、彼にスーパーパワーを授けた魔術師の名前。ただマーヴェル・コミックスとの兼ね合いなどがあって、主人公の名前をタイトルに使えないという哀しき事情があるのです。よくできたキャラクターなんだけど、子供が変身するということもあって、スーパーマンなんかに比べると牧歌的なところがあるかな。そのせいか映画版の監督も「N.Y式ハッピー・セラピー」の人がやるらしい。うーん。何か変なコメディになってしまいそうでかなり不安。

ちなみに「WE3」の映画化はどこまで進んでるんだろう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now