「40歳の童貞男」を観た。

いやもう最高。ここまでいい映画だとは思ってなかった。

タイトルから想像がつくように、40歳になっても童貞のアンディ君(スティーブ・カレル)が女性と経験するために、同僚たちの助けを借りて奮闘する…というコメディなんだけど、オクテの主人公をバカにして笑いをとるようなところが殆どなくて、彼をごく普通の男性として描き、同情的な観点からストーリーを進めているところが非常に立派。テーマがテーマだけに下ネタもたくさんあるけど、どれも多くの人が経験したことのあるような(コンドームの付け方が分からない、とか)共感できるジョークばかりで、まるで卑しくなくてとにかく爆笑できる。主人公がエイジアのポスターを家に貼っててバカにされるシーンがある一方で、ラストのクライマックスでしっかり「ヒート・オブ・ザ・モーメント」が流れる、といった小ネタが炸裂してるのもまた悶絶もの。ここまで腹を抱えて笑える映画を観たのって久しぶりだなあ。もっかい観よっと。

劇中でも言及されたり、カレルがインタビューでも述べているように、主人公のアンディはたまたま女性と経験する機会に恵まれず、それが何年も続いたことで結局あきらめてしまったというだけの人。現実にいるこうした人たちのことをきちんと調べてから映画を作ったんだとか。自分もまあ似たような経験があるので(「同じ」じゃないからね!)、こういった映画が出来たのはいいことだと思うのです。主人公がバーで女をひっかけて、そのままベッドへ…なんて内容の映画にはもう辟易してたからね。それなりに似たテーマを持つ「アメリカン・パイ」はラストだけが急に甘ったるくなって、非常にあざとらしいのが嫌だったけど、この映画は最初から最後まできちんとロマンチックな作りのコメディになっているのが見事。主人公の同僚たちがやけに協力的だとか、彼と恋仲になるトリッシュ(キャサリン・キーナーが相変わらずいい感じ)が最初から彼に優しすぎるような気もするものの、まあそこは映画ということで。

日本では公開前からキワモノ扱いされている感のある映画だけど、むしろデートムービーに適してるんじゃないでしょうか。いっそ日本でリメイクしたら面白いかも。主人公は「上石神井あたりに住むビックカメラの店員で、いわゆるオタクじゃないけどアニメ好きで、人見知りするけど真面目な40歳」なんて設定がいいかな。問題はハッピーエンドに持っていくのが非常に難しいというところなんだけれども。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now