架空の名門大学を舞台にしたイギリスのドラマ。

900年もの長い歴史を持つブリッジフォード大学は、今まで数多くの有力者たちを輩出してきた由緒ある大学だった。そこで新たなる学期が始まり、カレッジの1つであるトリニティ・カレッジにも様々な新入生たちがやってくる。そのうちの一人、シャーロットは父親もトリニティの出身でそこの教授も務めた人物だったが、謎の理由で突然そこを離れ、2週間前に他界したばかりだった。ほかにも成績優秀の黒人青年セオや、マリファナばかりやってるラージやアンガスといった連中が新入生としてやってくるのだが、トリニティでのクラブやイベントは上流階級の子息が取り仕切っており、彼らのような一般家庭出身の学生たちはろくに見向きもされないことを思い知らされる。その一方では新しい学長がトリニティに就任するのだが、その裏では古参の教授たちがよからぬ目的を抱えて暗躍していた。そしてトリニティにはさらなる暗い秘密があった…というような話。

第1話を観た限りではよく分からないんだけど、トリニティの奥深くでは怪しげな科学実験が行われていたり、殺人が起きたりといろいろ謎めいた展開になっていくらしい。でも話の大半は若者の乱痴気騒ぎの描写に費やされていて、みんな見境なくパコパコやってるような。「ゴシップ・ガール」のようなドロドロとしたメロドラマにしたいのか、「ドクター・フー」のようなミステリアスなものにしたいのか、どうもどっち付かずの感が否めず…。アメリカのドラマがイギリスのものよりも圧倒的に上手な点があるとすれば、若者がセックスしてる映像を巧妙に茶の間に届けられるところなので、そういうところで勝負に出てもアカンよな。

俺はむかしイギリスのケンブリッジに住んでたので、こういう名門大学の描写などは比較的懐かしい気持ちで観ることができましたが、次の話も積極的に観たいという気にはならなかったな。イギリスのドラマだったらこれよりも優れたものが他にたくさんあるんじゃないですか。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now