マーヴェルに比べコンスタントに優れた作品を出している、DCコミックスのアニメーション・ムービーの最新版。

DCコミックスのファンならお馴染みのパラレル・アースをテーマにしたもので、別の次元にあるもう1つの地球ではスーパーヒーローと悪役の立場が逆になっており、悪のスーパーマン(「ウルトラマン」という名前だよ)や悪のワンダーウーマンが率いる悪の集団クライム・シンジケートが世界征服を達成しようとしていた。これに反抗した「善人」のレックス・ルーサーは次元移送装置を使い、スーパーマンたちが住む我らの地球へと助けを求めにやってくる。彼の話を聞いたスーパーマンおよびジャスティス・リーグはクライム・シンジケートの魔の手から人々を救うため、ルーサーの地球へと向かうのだが…というようなプロット。

TVシリーズ版「ジャスティス・リーグ」の脚本も手がけていたドウェイン・マクダフィの脚本はテンポがよく、ニヤリとさせられる場面も多く見ていて飽きがこない。戦闘シーンが多くてプロットが少し弱い気もするものの、きちんと押さえるところは押さえて話を盛り上げることに成功している。また演出も素晴らしく、前半の雲の中での戦闘シーンなんかはここ最近のハリウッド映画のアクション・シーンなんかよりもずっと上手く描けてるんじゃないだろうか。

キャラクターの設定もよくできていて、特にマーシャン・マンハンターにきちんとサブプロットを割いたところが良かったな。悪役版のデトロイト・リーグやアウトサイダース、キャプテン・マーヴェル・ファミリーといった非常にレアなキャラクターたちも出てくるぞ。パラレルワールドの大統領を意外な人物がやっていたのも良かったな。なお声優はウィリアム・ボールドウィンやマーク・ハーモンといったテレビ畑の役者が揃っているほか、ジェームス・ウッズなんかも参加してたりする。

これ「NEW FRONTIER」を別とすれば、いままでのDCコミックスのアニメのなかでもトップクラスに入る出来じゃないかな。お薦め。今回はiTunesストアでレンタルしたんだけど、DVD版にはザ・スペクターのショート・ムービーが含まれているとのことなので、それもぜひ拝見したいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now