「THE WIRE」のデビッド・サイモンとエド・バーンズが書いた本をHBOが2000年に映像化したミニ・シリーズ。自身もボルチモアのストリート出身であるチャールズ・S・ダットンの監督のもと、ボルチモアで貧困と麻薬から抜け出そうとする人々の悲劇を描いている。

話の中心となるのは麻薬常習者のゲリーとその元妻で同じく常習者のフラン、および二人の息子であるデアンドレの3人。ゲリーは麻薬を断ちたいと思いつつも売人のいる街角(コーナー)の誘惑から勝てず、麻薬を買う金を日々どうにか工面するホームレス同様の暮らしを送っており、フランもデアンドレとその弟を女手一つで育てるストレスなどから麻薬に手を伸ばしてしまう毎日を送っていた。そしてデアンドレはろくに学校にも行かず、バイトをしてもすぐ辞めてしまうことから楽な儲けを狙って麻薬の売人の道を進もうとしていた。そしてついにフランは麻薬を断とうと施設に入所するが、その一方ではデアンドレが恋人を妊娠させてしまっていた…というのが大まかなプロット。また現在の彼らの姿にあわせ、過去の彼らが裕福で幸せだった頃の姿と、麻薬に手を染めて転落していった頃の姿がフラッシュバックで紹介されていく。

主人公の3人や彼らをとりまく人々はみんな実在の人物をモデルにしており(シリーズの最後に本人たちが登場する)、貧しいストリートの描写は真に迫ったものになっている。ただし個人的には「THE WIRE」を先に観てたこともあって、『「THE WIRE」のプロトタイプ』という印象が最後まで拭えなかったかな。ミニ・シリーズと長編ドラマを比べるのは不公平だろうが、この作品では貧しき人々たちの姿だけが描かれていたのに対し、「THE WIRE」は警察や市政や教育という様々な分野に焦点をあて、なぜ貧困が消えず麻薬の売買が行われ続けるのかをきちんと説明した神のようなドラマであったわけで。ちなみに後に「THE WIRE」にも出てくる役者がたくさん出演していて、殆どが麻薬常習者を演じているのが面白かったな。

あと細かいことを言えば、どのエピソードも冒頭が登場人物に対するインタビューの形式をとっていて、なぜ彼らが今のような境遇になったかを尋ねたりするんだけど、そこだけ変に教育映画みたいな雰囲気になっていて好きにはなれなかったかな。

決して悪い作品ではなくて、むしろ傑作の部類に入るミニ・シリーズだと思うけど、今だったらこれを観るよりも「THE WIRE」を観ることをお勧めします。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now