アメリカで非常に高い評価を受けているFXの新作ドラマ。観てみたら確かに傑作だった。

エルモア・レナードの小説を原作にしたもので、主人公のレイラン・ギブンスはフロリダの連邦保安官だったが、自分なりの道理で犯罪者を射殺してしまったため上司に疎んじられ、生まれ故郷であるケンタッキー州のハーラン・カウンティへと左遷させられてしまう。そこでは彼の父親や元妻などが住んでいるほか、彼の幼なじみであるボイドが率いるネオナチの一味が町を荒らしており、治安は決して良いものではなかった。そしてボイドによる教会の襲撃を捜査することになったレイランはボイドの所へ赴く。最初はレイランに再会できたことを歓迎するボイドだったが、彼があくまでも自分を逮捕する気でいることを知ると、レイランにこう告げるのだった:「24時間以内に町から出て行け。さもないとお前を始末する」と…というのが第1話のプロット。

舞台は現代であるものの「不穏な町にやってきた保安官」というスタイルは明らかに西部劇のそれで、現代的な早撃ち勝負なんかもあったりする。同じくティモシー・オリファント主演ということでHBOの西部劇ドラマ「デッドウッド」と比較する声が多いようだけど、俺はあのドラマ観たことないんで何とも言えんな。

とにかくセリフも脚本もカメラワークも音楽(担当はスティーブ・ポーカロ)も非常に手堅い出来になっていて、50分ほどの尺ながら重厚な小説を読んでいる気になって、そこらの劇場用映画よりも遥かに楽しめる内容になっていた。呑気そうな町の警察署長たちが実はかなり敏腕で、平気で警察を銃撃してくるネオナチと銃撃戦を繰り広げるシーンも非常に見応えあり。そして一番見事なのはティモシー・オリファントの演技で、常にカウボーイハットをかぶって不敵な笑みを浮かべ、すごく落ち着いて行動を起こす一方で、暗い過去をについて話すときは真剣な顔になるレイランを完璧に演じている。ティモシー・オリファントって「ヒットマン」のハゲ頭くらいしか印象に残ってなかったんだけど、こんなに巧みな役者だったのか。

もし難点があるとすれば登場人物たちの南部訛りが聞きづらいところと、第1話の話がかなりまとまっているために今後の展開がどういうものになるのか分からない点かな。いわゆる「一話完結」のスタイルをとるみたい。

「デッドウッド」同様に日本では受けにくい作品かもしれないが、アメリカでは順調にいけばいろいろ賞を穫るシリーズになるかも。今後も注目。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now