このブログの名前はニック・ケイヴの詩集「キング・インク」に由来してるわけだが、そのケイヴが脚本を担当したオーストラリアン・ウェスタン「THE PROPOSITION」を観た。監督は同じくケイヴが脚本を書いた「ゴースツ・オブ・ザ・シビル・デッド」のジョン・ヒルコート。「ゴースツ」と違ってケイヴ自身は出演してないものの、ガイ・ピアースをはじめダニー・ヒューストンやエミリー・ワトソン、ジョン・ハートといったなかなか豪華な顔ぶれが出演している。 舞台となるのは1880年代のオーストラリア。殺人とレイプの罪で指名手配されていたバーンズ3兄弟のうち、次男のチャーリーと三男のマイクが逮捕されるところから話は始まる。彼らを捕らえたスタンリー隊長は、残る長男のアーサーを始末するためチャーリーに1つの条件(Proposition)をつきつける:アーサーを探し出し、自らの手で彼を殺害しろ。さもないとマイクは死刑に処せられる、と。こうしてチャーリーは兄を見つけるため、荒野へと一人旅立っていくのだった…というのが話の主な内容。美しくも過酷なオーストラリアの大自然を舞台に、兄を捜すチャーリーの姿と、彼の帰還を待つスタンリーとその妻の姿が描かれていく。

プロット自体は比較的ストレートなウェスタンで、隠れ家が蜂の巣にされる衝撃的なオープニングに比べてラストが多少弱い気がする(スタンリーがどんどん軟弱になっていく)ものの、ケイヴの歌の世界そのままの血で血を洗うバイオレンスで全編が彩られていて、見る者を飽きさせない。もちろんケイヴが担当している音楽も効果的に使用されていていい感じだ。

フィクションとはいえ時代考証はかなり詳しくやっているらしく、ウェスタンにおけるインディアンの存在はこの映画だとアボリジニにそのまま置き換えられているわけだが、先住民の隷属化や大自然の西洋化といった出来事がアメリカだけでなくオーストラリアでも起きていたことを再認識させられる点が興味深い。ちなみに4頭のラクダが引く馬車が劇中に出てくるんだけど、あんなものが昔は本当に道を走ってたのかな。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now