思ってたよりもずっとホンワカした映画だった。

ジェフ・ブリッジス演じるバッド・ブレイクは名の知れたカントリー・シンガーだったが酒で身を持ち崩し、今ではボーリング場の片隅でライブを行うようなドサ回りをして日銭を稼ぐような生活を続けていた。そんなある日、彼はバンドのキーボーディストの姪である新聞記者のジーンと知り合いになり、すぐに2人は恋仲になる。そしてバッドの元弟子であり、今では彼を凌ぐ元スターとなったトミーの前座をやらないかという話がやってきて…というような話。

ミュージシャンの映画というと、ステージでの栄光と挫折とか仲間や恋人との怒鳴りあいとか突然のハプニングなどといった展開が定石になっているもんだが、この映画もそうした展開があるものの、どれもまったりとしてるんだよな。バッドは自分の子供くらいの年齢であるジーンと何の障害もなくすぐに恋仲になるし、疎遠になっていたトミーとも簡単に打ち解けてステージ上でデュエットしたりするし。後半でバッドとジーンがケンカする理由も、「それってバッドの責任じゃないんじゃない?」と思うようなせせこましいものだったような。

かといって話に盛り上がりが欠けているというわけではなくて、バッドの過ごす日々についてはきちんと描かれている。要するに盛りを過ぎたジイさんが、周囲の暖かい行為によって身を持ち直す映画、として観るのがいいのかも。

この比較的凡庸なストーリーにも関わらず映画を優れたものにしているのが明らかにジェフ・ブリッジスの演技であり、もともと大統領からグータラ男まで演じ分けられる名優であったわけだが、今回は曲のボーカルも自らこなしてバッドの役を完全に演じきっている。でもアカデミーの主演男優賞というのは今までの功労賞的な意味合いが強かったと思うけどね。ジーン役のマギー・ジレンホールは相変わらず幸の薄い女性を演じていて、まあ可も不可もなし。むしろトミー役のコリン・ファレルがブリッジス同様にボーカルをこなして見事だった。彼っていつの間にか普通のハリウッド・スターからアートハウス・シネマの役者へと転身を遂げましたね。あとプロデューサーも務めるロバート・デュヴァルがそこそこおいしい役で出演してるぞ。

カントリー・ミュージックという題材については懸念してたんだが、T=ボーン・バーネットによる曲はどれも秀逸で、音楽映画としても見応えがある内容になっている。まず日本ではヒットしないだろうけど、DVDとかで観る分には楽しめる映画じゃないでしょうか。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now