意外にも日米(ほぼ)同時公開ということで7月10日に「プレデターズ」がやってくるわけだが、ストーリーは異星に連れてかれた8人の人間(プラス1名)がプレデターによって狩られていく、というリアリティー番組のような展開をもったものになるらしい。というわけでトレーラーの内容とSF映画のクリーシェを判断基準にして、誰がどの順番で狩られて誰が生き残るのかを自分なりに推測してみたいと思うのですよ。

ウィキペディアによると異星に連れてかれるのは以下の8人。彼らの生存の可能性をそれぞれ考えてみよう。

・ロイス(元傭兵):エイドリアン・ブロディが演じる主人公。シュワルツネッガーみたいに筋肉に頼るタイプではなく、チームワークを使う策士だそうな。主人公なので当然終盤まで生き残るだろうが、最後まで生きているのか、それとも他の人間を守るために最後で華々しく散るのかの見極めが難しいところ。続編も視野に入れてるだろうから恐らく生き残るのでは?

・エドウィン(医者/連続殺人犯):医者というのがポイント。傷ついた仲間を治療する役として中盤くらいまで生き残るのでは。でも実は殺人犯だというのがバレて周囲に信用されなくなり、自分を証明するために我が身を犠牲にして皆を助ける、というような展開が待っているだろう。

・クチロ(麻薬カルテルのメンバー):トレーラーで「俺らにチームワークなんて関係あるのかよ!」なんて言ってる時点で死亡フラグ立ちまくり。協調性を無視した報いとして真っ先に狩られるであろう。ただしダニー・トレホはロドリゲスの次回作で主演を務めるので、それなりにカッコいい見せ場が用意されているかもしれない。

・イザベル(スナイパー):紅一点。よって終盤まで生き残る。スナイパーという遠距離攻撃型なのも利点だな。もっと幼い少女ならば絶対に生き残るんだけど(「エイリアン2」)、「アバター」のミシェル・ロドリゲスみたいに終盤でやられるかも?ヒロインとしてのキャラがどこまで立つかが生死の分かれ目になるだろう。

・モンバサ(シエラレオネの兵士):SF映画の黒人って大抵は使い捨て要員だったんだけど、最近はそうでもないかな?(「ピッチ・ブラック」)ただしよりハクのある黒人俳優(下を見よ)がいることと、暗殺団の兵士という肩書きが災いして長生きはできないだろう。

・ニコライ(ロシアのコマンドー):なんか特徴のなさそうなキャラ。よって早い段階で狩られるのでは。

・スタンズ(死刑囚):演じるウォルトン・ゴギンズは「JUSTIFIED」で素晴らしい演技を見せているので長生きしてほしいところですが、いかんせん悪人顔なので生き残りはしないだろう。でも死刑囚がすぐ死んでしまっては面白くないので、中盤くらいまでは生存するかな。

・ハンゾウ(ヤクザ/ニンジャ):たぶん日本人にとってはいちばん見るのが苦痛なキャラでは?せめて日本人俳優を使えよ!日本刀を使ってプレデターと戦うあたりは「お、やるじゃん」と思わせるキャラかと。でも中盤か終盤あたりでさすがに力不足となってやられると思う。

・ノーランド(元兵士):上記の8人よりも前に惑星に連れてこられて、ずっと生き延びてたベテランという扱いらしい。演じるのがローレンス・フィシュバーンということもあり準主役的な存在では?でもラスボスの強さを強調するための噛ませ犬となって終盤に散ることになるであろう。

というわけで彼らが狩られる順番を予想すると:

1、クチロ
2、モンバサ
3、ニコライ
4、スタンズ
5、ハンゾウ
6、エドウィン
7、ノーランド
8、イザベル(生存)
9、ロイス(生存)

となるかな?うまく当たったらご喝采。でも本当にこの通りだったらクリーシェだらけの映画というわけなので、むしろ良い意味で裏切って欲しいところもあるな。

そしてラストはやはりあれですよ!生き残った主人公たちが地球に帰ろうとすると、彼らの目に入ったのは朽ち果てた自由の女神だった。なんと彼らがいた惑星は未来の地球だったのだ!という展開。同じフォックス作品だし、これやってくれたら俺はロドリゲスを一生リスペクトするよ!

Trackback

no comment untill now

Add your comment now