いま現在この世で一番面白いコメディ番組「ARRESTED DEVELOPMENT」がこんど日本でも放送されるそうだけど、アメリカではこないだ最終回(?)が2時間にわたって放送された。といっても別に2時間スペシャルとかじゃなく、単に残りのエピソードを立て続けに4本流しただけで、しかもトリノ五輪の開幕式の裏番組として(涙)。この番組がいかにフォックスに軽んじられてるかがよく分かりますね。 いちおうフォックスはまだ正式な打ち切りを発表してないけど、製作本数が大幅に減らされたことや、視聴率が決して高くないことを考えると、シーズン4がフォックスで放送されることはまずないだろう。不幸中の幸いとしては、これが最終シーズンになることを製作側が知り、どうにか話をまとめられる時間があったことで、特にこないだ放送された4話では最終回に向けて怒濤のように話が進行していった。もともと話の濃さと暴走っぷりが半端じゃない番組だったけど、もうこの4話では禁断の愛あり、出生の秘密の暴露あり、イラク旅行あり、意外な黒幕の登場あり(これすげえ笑った)と、もう凄いのなんのって。また番組の特徴である有名人のカメオ出演も、ジェフ・ガーリンやリチャード・ベルザー、そしてもちろんロン・ハワードなどと豪華。ジャッジ・ラインホルドを使って「ジャッジ・ジュディ」のパクリ番組を作る、なんてとってもベタなことを本当にやってしまうのも見事。他の凡庸なシットコムなら1シーズンでやりそうなことを4話でやってしまうものだから、全てのジョークを理解するのにかなり集中力が必要だったのも確かだけど。あまりにも凝りすぎた番組だから、視聴率を稼げなかったんだろうなあ。

打ち切りが正式に決まれば、ショウタイムがシーズン4を製作・放送するという噂もずいぶん出てるけど、どうなるんだろう。最高の番組とはいえ、ここまで立派に最終回をやってしまうと、もうあとは皆の思い出に残しときましょうよ、と少し思わずにはいられないのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now