やはりウォーマシンだよな。ソーのベータレイ・ビル同様に主役よりもカッコ良いデザインかと。アクション大作として楽しめる作品だし、監督も役者も手慣れた感じで作ってるようなところがあって安心して観てられる作品かと。ただし個人的には「1」のほうが面白かったかな。その理由を2つ挙げると:

・悪役(ジャスティン・ハマーとウィップラッシュ)がどちらもあまり強くないうえ、スタークの知らないところで仲違いとかしてるので緊迫感が感じられない。
・スカーレット・ヨハンソンのブラック・ウィドーが不要。最後のアクション・シーンとかは話の流れを散漫なものにしてしまっている。

というところかな。ちょっとストーリーが盛り上がりに欠けてたかと。前半でウィップラッシュに完膚なきまでにやられて、特訓して最後にやっつけるというベタな展開でも良かったと思うんだけどな。スーパーヒーロー映画って、オリジン話に時間を割く必要のない続編のほうが面白くなると思ってたんだけど(「スパイダーマン2」や「ダークナイト」)、「アイアンマン」に関しては「1」のスーツを作り上げていくまでの話が面白すぎたんだろうか。あと今回からジム・ローズを演じるドン・チードルはテレンス・ハワードよりも優れた役者だと思うけど、「ホテル・ルワンダ」あたりのイメージが強いのか物静かな印象がして、戦う軍人の役は似合ってなかったかな。

とまあ否定的な感想を述べたけど、それでも良く出来た映画であることは間違いないですよ。劇場で観る価値は十分あるかと。ちなみにロナート・ダウニー・Jr.は過去のドラッグ歴から日本への入国が禁止されてるらしいが(「1」の来日宣伝のときに引っかかって舞台挨拶のあと強制送還されたらしい)、いずれ「3」も製作されるだろうし、税関ももうちょっと寛容になってもいいと思うんだけどね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now