その題名およびストーリーのアホらしさがアメリカでは公開前から話題になり、エド・ヘルムズ同様に「デイリーショー」出身であるロブ・コードリーが出てることから、第二の「ハングオーバー」になるか?と期待されてたんだけど、いざ公開されたらすぐに失速してしまった感のあるコメディ。でもあまり期待せずに観たら結構面白かったよ。

LAに住むアダムはさえない中年男性で、ガールフレンドに振られてばかりのロクでもない人生を送っていた。彼の幼なじみであるルーとニックも同様に不遇な暮らしをしており、気分転換をしようと考えた彼らはアダムの甥のジェイコブを連れて、かつて彼らが80年代に乱痴気騒ぎをしたスキー・リゾートへとやってくる。しかし昔は栄えていたそのリゾートはすっかりさびれており、さらに彼らは暗い気分になってしまう。とりあえず部屋の外にあるホットタブは使えるということで、そこに入って酒を飲み明かす4人。しかしそこで原因不明の事故が起き、彼らは1986年の過去にタイム・スリップしてしまう!ここで過去を改変して未来に影響を与えてはいけないと考え、過去のとおりに1日を過ごそうとする彼らだったが、物事は予想もつかない展開を迎え…というのが大まかなプロット。

笑いのネタは90%くらいが「80年代ってカッコ悪かったよね〜」というスタンスに基づいたものなので、まあ30代以上の人じゃないと観てもウケないんじゃないのかね。その他は下ネタばかりだし、脚本を練ればあと2割くらいは面白くなったんじゃないの、という気がしなくもない。でもなんか全体的に微笑ましい雰囲気があって嫌いにはなれないんだよな。どうにか人生をやり直そうとする中年男たちの姿が俺の心の琴線に触れただけなのかもしれませんが。

いちおう主役はジョン・キューザックなんだけどあまり目立ったことはしてなくて、ロブ・コードリーが完全に主役を食ったバカっぷりを見せてくれるぞ。俺は「デイリーショー」の頃から彼のファンなのであります。さらには脇役でクリスピン・グローヴァーが出ていて、相変わらずの怪演を披露している。2000年代に××だった彼が、80年代でいつそうなるのか?というギャグがね、ちょっとブラックだけど非常に面白いのですよ。しかし同じく脇役で出演しているチェビー・チェイスはあまり面白くなかったかな。

ラストも呆れるくらいに能天気だし、くっだらねーと思いつつも笑える映画であった。劇場で観るほどのものでは無いかもしれないけど、家で友達と一緒に観るのには適した作品かと。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now