AMCの新作ドラマ。ニューヨークのシンクタンクに務めるウィルは複雑な暗号もすぐに解読してしまう頭脳明晰なアナリストだったが、ある日複数の朝刊のクロスワードに共通する謎めいたメッセージが隠されていることに気付く。それを上司のデイビッドに説明するウィルだったが、彼はまるで相手にされなかった。しかしその後デイビッドはウィルには内緒で、自分の上司にクロスワードのことを告げる。そして次の日、ディビッドの乗った列車が事故に遭い、彼が死んだということをウィルは知るのだった。ディビッドの死とクロスワードのメッセージに関連性があると感じたウィルは、ディビッドの職に就き、巨大な陰謀の世界に足を踏み入れていくのだった…というようなサスペンス作品。

本国ではロバート・レッドフォード主演の映画「コンドル」によく比較されてるようだけど、俺はあれ観たことないのでよく分かりません。なんかこう、でっかい陰謀のようなものがあることは分かるのだが、それが何なのかは全く説明がされなくて、影から主人公を監視する謎の男とか、怪しげな言動をとる老人連中とか、どうもサスペンス作品ではありきたりな描写が続くのがまどろっこしい。主人公も目と口を大きく開いてウロウロしているだけで、何をしたいのかよく分からないし。

同じAMCの「プリスナー」のリメイクもそうだったけど、謎めいた雰囲気をお洒落に撮ることは非常に巧いんだけど、肝心のストーリーがお粗末なんだよな。例えは古いが「ツイン・ピークス」なんかは映像が美しい一方で「よく分からないけど何かすごいことが起きるに違いない」という気持ちを観る人に抱かせてくれたのに。「Story Matters Here」というAMCのキャッチフレーズが泣いてるぞ。

もっとベタな内容になっても構わないから、主人公が追いかける陰謀についてもうちょっと説明があれば面白くなってたはずなのに。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now