「GREENBERG」鑑賞


「イカとクジラ」のノア・バームバック監督最新作。

神経衰弱のため精神病院に入っていたロジャー・グリーンバーグは、LAに戻ってきて兄夫婦の家に泊まることになる。そこで兄のアシスタントであるフロレンスと出会い、2人は恋仲になるのだが、グリーンバーグの排他的な性格が災いして、なかなか2人の関係は進まず…というようなお話。

そもそも25歳の娘が40歳の男と出会ってすぐに恋仲になるか?という最大の疑問はまあ忘れよう。主人公のグリーンバーグは人付き合いが苦手で、企業や役所に苦情の手紙を送るのが趣味で、不快なことがあるとすぐ友人や恋人に怒鳴り散らすような最低の奴なんだが、それでもどこか繊細な部分があって、心に不安を抱えている姿をベン・スティラーが好演している。彼とは対照的に明るくて人に好かれるフロレンスを演じるグレタ・ガーウィグの演技も素晴らしい。

これで主人公が20代とかだったら典型的なサンダンス系映画になるんだろうが、40歳だというのが結構ポイントで、親友に再会しても昔に組んでいたバンドのことしか話せず、何もしてないことから同世代の人には「あなたその歳で度胸あるわね」とまで言われ、かといって若い世代とも話が合わず、人生が空回りしている姿には共感できるところがあった。

決して退屈な映画ではないけれど、話の起伏が少ないため万人向けの作品ではないかな。また「イカとクジラ」のほうがキャラが立っているという意味では面白かったかもしれない。あとサントラをLCDサウンドシステムのジェイムズ・マーフィーが担当してるけど、あまりLCDっぽい曲は使われてなかったような。

30〜40代の人に観てもらいたい、小ぢんまりとした良品ですよ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now