最近の「ザ・ホワイトハウス」こと「THE WEST WING」では、アラン・アルダ演じる共和党候補とジミー・スミッツ演じる民主党候補が次期大統領の座を目指して熱戦を繰り広げているわけだが、こないだ両者の討論会のエピソードが生放送で放映された。 ドラマの生放送というと、前に「ER」がやって日本でもビデオで出てたりするけど、今回も「ER」同様に東海岸用と西海岸用の2つが放映されたらしい。ただそれなりに動きのあった「ER」に比べて、「WEST WING」のほうは1つの会場で両候補がひたすら議論してるのを映すだけだから、あまり生放送の醍醐味みたいなのは感じられなかったかな。

このエピソードでは予算や雇用問題、自然保護など数多くのトピックについて両者が意見を衝突させたわけだが、ジミー・スミッツが比較的よく台詞をトチってたのに対し、アラン・アルダのほうは貫禄たっぷりの台詞回しをしていたと思う。ただしストーリー自体がアルダ寄りのものだった(スミッツが典型的なリベラルの主張を述べていたのに対し、過激なんだけれども一理ある意見をアルダは狙いすまして出していた)ので、スミッツのトチりも演出上のものだったのかもしれない。

何となく今の感じでは共和党候補のほうが有利のような気がするけど、リベラルさで名を馳せた番組だから、共和党が勝利するとは思えないのです。今後の展開はどうなることやら。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now