DCコミックスの75周年にあわせて作られた、DCの歴史を網羅したドキュメンタリー。ナレーションは新グリーン・ランタンのライアン・レイノルズ。

1930年代の黎明期から時代を順におって会社の歴史が語られていく内容になっていて、当時の映像がふんだんに用いられているほか、デニー・オニールやジェラルド・ジョーンズ、チップ・キッド、マーク・ウェイド、ルイーズ・サイモンスン、ニール・ゲイマン、相変わらずキザな口調のニール・アダムス(地球空洞説信者)、そして相変わらず何言ってんだか聞き取れないグラント・モリソンといった関係者へのインタビューが行われている。

パルプ雑誌を出していた出版者がコミックを雑誌の形態で売り出そうとしたところから話は始まり、クリーブランドの貧しいユダヤ系のSFオタクの少年2人が、自分たちの夢を託した超人スーパーマンを生み出し(ここのくだりは何度聞いてもゾクゾクする)、ニューヨークでは派手好みのビル・ケインが闇と戦うプレイボーイのバットマンを描きあげ、男性主体のコミック界を危惧した心理学者のウィリアム・マーストンがワンダー・ウーマンを創造するあたりは、20世紀の神話が作られていくようで本当に魅了される。

そして戦地の兵士たちにも送られていたスーパーヒーロー・コミックは40年代に史上最高の売上を記録するのだが、50年代になると犯罪もののコミックに押されて下火になってしまう。しかし名編集者ジュリアス・シュワルツのもとでSF色を強くした作品が連発されてシルバー・エイジが幕を開け、それから60~70年代には公民権運動の高まりにあわせてオニールやアダムスといったヒッピー指向の若手アーティストたちによって社会派の作品が生み出され、さらに80年代にはレーガン政権やサッチャリズムへの反抗としてフランク・ミラーやアラン・ムーアといった鬼才たちによる作品が登場していく。その影響でヒーローたちはどんどん暗くなっていくわけだが、その流れに逆らうようにマーク・ウェイドとアレックス・ロスの「キングダム・カム」が登場し、911テロの悲劇のあとにスーパーヒーローたちの意義が見直されることになる、というような紹介になってたかな。

紹介されている内容は決して目新しいものではなくて、すでにいくつもの書籍やインタビューで語られていることなんだけど、アーカイブ映像や実際のコミックのアートとともに紹介されるとダイナミックさがあって良かったよ。一見すると何十年も前から変わってないようなキャラクターたちが実は時代の流れにあわせていくつもの変化を遂げてきたことや、コミックだけでなくラジオやテレビ、映画といった媒体を通じて世間に認知されていったことがよく分かる内容になっていた。明らかに万人向けのドキュメンタリーではないけど、アメコミの歴史を知りたい人には格好の作品かと。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now