こないだの東京国際映画祭でも公開されたやつ。

ミズーリ州オザーク山地のさびれた田舎に住む17歳の少女リーは、メタンフェタミン作りをやっていた父親が仮出所後に失踪したため、幼い弟と妹、および心を病んで口もきけない母親を1人で養っていた。そんな彼女のもとに保安官が現れ、リーの父親が彼女たちの家を保釈金の抵当に入れたため、もし彼が裁判所の出頭命令に従わなければ家が没収されると告げる。家がなければ一家が生活する術がなくなるため、リーは父親を捜し出すことを決意するのだが…といったストーリー。

父親を捜すというプロットがあるものの、車を持ってない主人公の行動範囲が極端に限られてるため、ガムシュー的な要素は殆どなし。とりあえず身内に父親のことを聞き回ってみたら、彼らが気の毒に思っていろいろ助けてくれた、という展開が多かったような。特にジョン・ホークス演じるリーの伯父が準主役的な扱いになっていて、トラブルに関わるまいとしつつも彼女を助けてくれる姿の演技が重々しくて大変良かった。リーを演じるジェニファー・ローレンスの演技も良かったぞ。

田舎を舞台にしたノワールということではコーエン兄弟の「ファーゴ」とか「ブラッド・シンプル」とかに似てるとも思ったが、あそこまでスタイリッシュな雰囲気はなし。ただしさびれた土地での貧しい暮らしの光景はうまく描かれていた。「リス銃」というのが出てきて何でそんな名前なのかと思ってたら、本当にそれでリスを撃って食べてるのには驚いたな。あれって病原菌の塊だと思ってたので。金もなくて職もなくて、手早く金を得るためには麻薬を売るか軍隊に入るしかないアメリカの貧民たちの現状も、これを観ればよく分かるかも。

アメリカでは批評家たちに大絶賛されてる作品なので、それなりに期待して観たのですが、そこまで出来の良い作品だとは思わなかったな。主人公たちの生活があまりにも自分たちにとって異質すぎるというのがあるのかも。でも悪い作品ではないですよ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now