「デイリーショー」のジョン・スチュワートが主催した、ワシントンDCにおける大規模な集会をコメディ・セントラルのウェブから生中継で観た。当初はスティーブン・コルベアーがこれに続いて「March to Keep Fear Alive」というイベントを開催するなんて話があったんだけど、結局のところ両者による合同イベントという形になったみたい。

スチュワートの常として、これが政治的なイベントであるという明言は避け、右と左に両極化しつつあるアメリカの世論に対して、まだまだ多数いる穏健派の人たちによる「正気の回復」を呼びかけるための集会だということなんだが、まあフォックス・ニュースやティー・パーティー運動による大衆の右傾化を明らかに意識したものであり、この集会自体も先日フォックス・ニュースのグレン・ベックがワシントンで開催した保守派の集会に対抗するものなんだよな。最終的な参加者の数は不明だけど、一説には15万人から20万人ということで、グレン・ベックの集会の2倍は集まった大規模なものになったようだ。

イベント自体は内容や参加者が事前に公表されず、冒頭はウォーミング・アップとしてザ・ルーツとジョン・レジェンドのライブが長らく続いたのでグダグダなものになるんじゃないかと心配したけど、続いて「怪しい伝説」の2人がさらなるウォーミング・アップをしたあとにスチュワートとコルベアーが出てきてからは笑いあり歌ありのショーがテンポ良く続いて見応えのある3時間だった。他に出演したゲストはオジー・オズボーンやユーサフ(キャット・スティーブンス)、シェリル・クロウ、キッド・ロック、トニー・ベネットなど多数。お笑いのほうでは「このイベントにスタッフの参加を禁じたニューヨーク・タイムズみたいなメディアよりもずっと度胸のある、7歳の女の子にメダルを贈呈します!」なんてのをコルベアーがやってたのが面白かったな。

そして最後はスチュワートによる感動的なスピーチで締め。メディアによる世論の煽りを批判しつつアメリカの多様性を讃える内容のもので、「メディアは様々なことを大げさにとりあげて恐怖を煽るけど、すべてを増大したら我々は何も聞こえなくなってしまう」とか「アメリカは混雑した高速道路みたいなもので、いろんな人種や職業のドライバーがいます。たまに道を遮る乱暴なやつもいるけど、みんなが仲良く道を譲り合うことで成り立ってるんですよ」なんて語っているのが素晴らしかった。

先週「デイリーショー」にオバマが出演したことも合わせ、このイベントについてアメリカのメディアは大きく取り上げていたんだが、意外と批判的な論調のものが多く、要するに体制を風刺する側だったスチュワートがこのような政治的な集会を主催するのは『一線を越えている』と見なされたらしい。でもあんたらメディアが煽り記事ばかり書いていて物事をきちんと報道しないから、仕方なしにスチュワートが行動したんだろうがよぉ。しかし胸を張って堂々とスピーチをするスチュワートの姿はコメディアンというよりも政治家のように見えたのも事実で、今までのような「俺はケーブル局のコメディアンだから、威厳なんて何もないよ」というスタンスはもうとれないだろうなあ。ここ10年のあいだにスチュワートの影響力は非常に大きくなってこのイベントで1つの頂点を迎えたわけですが、こうした勢いがいつまでも続くわけでもなく、彼が今後どうなっていくのかについては一抹の不安を感じなくもないのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now