NBCの新シットコム。いちおう元にある映画が存在してるらしいが、誰も知らんがな。

ここ数年のアメリカのテレビ界のトレンドとしてインド系の役者が増えてきてるというのがあって、ざっと思いつくあたりでも「ハウス」のカル・ペン、「THE OFFICE」のミンディ・ケイリング、「PARKS AND RECREATION」のアジズ・アンサリなどなどがレギュラー出演してる(してた)な。こないだエミー賞とった「THE GOOD WIFE」のアーチー・パンジャビもインド系だし。アメリカにおけるインド系の住民の数がここ数年で増えたというわけではないはずなので、これはインド系のコミュニティがアメリカ社会で存在感を増してきたことを反映してるのかな。最近選挙で立候補する人にはインド系が多いという話も聞いた事があるし。

でもまあハリウッドにおいて彼らが普通のアメリカ人として扱われるケースはまだ少ないわけで、流暢な英語を話す役者が無理矢理インド訛りの英語を喋らされ、マヌケな外国人の役をやらされる例も過去に何度か目にしたことがある。

この「OUTSOURCED」も限りなくそちらに近い作品で、主人公のトッドはノベルティ・グッズを販売する会社に務めていたが、そこのコールセンターがインドのムンバイへ外部委託(アウトソース)されることになったため、自分も仕方なしにインドへ向かうことに。そこで彼は個性的なインド人の部下たちとのカルチャー・ギャップに戸惑いながらも、皆と団結してグッズを売っていこうとするのだった…というのが大まかなプロット。

第1話を観た限りでは典型的なインド絡みのジョークとカルチャーギャップが描かれてるだけで、あまり面白くないなあといった感じ。たぶん「THE OFFICE」的な仕事場でのコメディを目指してるんだろうけど、インドというネタだけで何話も引っ張れるのかは微妙だな。アメリカ人は真面目なボスで、部下のインド人たちはクセ者だらけという図式もあまり感心できないし。

でもまあマイノリティが多く出演する番組が地上波ネットワークで放送されること自体は良い事だと思うので、今後のクオリティの向上に期待したいところです。本国の評判は微妙らしいのですぐ打ち切られるかも知れないけど。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now