フォックスの新作ドラマで、現代版「ダイナスティ」みたいな作品。

詐欺師の父親に育てられたロバートは、テキサスを舞台に父親と組んで石油ビジネス絡みの投資詐欺を行っていた。そして石油王のクリント・サッチャーの資産を狙い、彼の娘であるキャットと結婚する。しかしその一方で彼はテキサスの別の場所にリンゼイという恋人がおり、2人の女性のあいだを秘密裏に行き来するという二重生活を送っていた。やがてサッチャー家のビジネスに深く関わるようになったロバートは、父親にリンゼイを捨てるように忠告されるのだが、普通の生活に憧れた彼はリンゼイとも結婚することになり…というような話。

いろんな利権の絡んだ石油ビジネスを背景に、2人の女性との関係に巻き込まれる男性を主人公にした内容だが、あまり昼メロみたいなドロドロした話にはなってなくて、むしろ主人公が奮闘するサクセス・ストーリーっぽいものになっている。これは主人公のロバートが非常に好人物として描かれているためで、2人の女性を本当に愛し、それ以外の浮気はせず、親の期待を裏切れないために詐欺を続ける彼の姿に、観る人が自然と共感してしまう作りになってるのが巧いな。

ロバートを演じるのはジェームズ・ウォークとかいう比較的無名の役者だけど、ニコニコ微笑むディラン・マクダーモットといった感じで、主人公をきちんと演じきっている。また彼の父親をデビッド・キース、クリント・サッチャーをジョン・ヴォイトといったベテラン俳優が演じて脇を固めている。ヴォイトって反オバマのトチ狂った発言を繰り返してるのでハリウッドから干されたかと思ってたけど、テレビではまだ仕事ができるんですかね。

なかなか重厚なドラマで、そのオリジナリティが批評家たちにも絶賛されて今シーズンの新作のなかでは一番の出来という声も高いようなのだが、残念なことに第1話の視聴率は散々だったらしく、早くも打ち切りの噂が飛び交っているらしい。これはたぶん地上波ネットワークでなくケーブル局向けの作品だったんだろうな。他の多くのフォックス作品のように「出来はいいんだけどすぐ打ち切られたカルト作品」になってしまうんだろうか?

Trackback

no comment untill now

Add your comment now