スポーツ報知より。
<引用>ベッカム、人気TVで俳優に朝鮮ベッカムが俳優に転向!? 26日付英大衆紙デイリー・スターは、ベッカムが英国営放送(BBC)で放送中の人気テレビ番組「ドクター・フー」に出演することが決定したと伝えた。この番組はオリジナルが1960年代に放送され、英国で一大ブームとなったSFドラマのリメーク版。ベッカムがこの番組の大ファンと聞いた脚本家のラッセル・T・ディビス氏(42)が、ゲスト出演を実現させたという。来年1月に始まる新シリーズの中のどこかで出演。役柄は現在のところ不明だが、ベッカムの役者ぶりが見られることになった。<引用>

「俳優に朝鮮」って…すごい誤字だ。ワザとやってんのかな。朝鮮関係のニュースって目につくだろうから。しかも今やってるシリーズは「リメーク版」でも何でもなく、60年代から80年代までやってたシリーズの、れっきとした「続き」だよバカ。ドクターは13の命を持っているという設定なので、主人公の役者が変わってもストーリーが続けられるのだ。ちなみについこないだ、新ドクターの登場するクリスマス特番がイギリスで放送されたとか。新しくドクターを演じるのは34歳のデビッド・テナント。若いなあ。以前にも5代目ドクターをピーター・デイビソンが30歳で演じた例があるし、それはそれで結構なんだけど、やはりドクターは「変なオヤジ」というキャラクターが似合うと思うのです。

*(追記)19:00の時点ではさすがに誤字が直ってました。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now