昨年いろいろ話題を呼んだ「MARIA FULL OF GRACE」こと「そして、ひと粒のひかり」をDVDで観る。何すか、この邦題は? 麻薬を詰めた袋を胃の中に何十個も入れ、コロンビアからアメリカへ密輸する「ドラッグ・ミュール」つまり「麻薬ラバ」となるティーンの女の子の物語で、内容は決して明るくない。というかひたすら暗い。

主人公のマリアはコロンビアの町工場で働く少女だが、ろくでもない彼氏のおかげで妊娠してしまう。貧しい家の出身である彼女は妊娠したことを家族に告げることもできず、お金を得るためにドラッグ・ミュールとなってアメリカへ麻薬を運ぶ仕事を引き受けるのだが…。というのが主なストーリー。当然ながら怖そうなお兄さんたちもいろいろ出てきて、麻薬が税関で見つかれば逮捕・麻薬の運送に失敗すれば家族が殺される・麻薬の袋が胃の中で破裂すれば即死、という極限の状態に置かれた少女の姿が淡々と映し出されていく。誤って体外に出た袋をまた飲み込む、なんてシーンもあります。

主演のカタリーナ・サンディノ・モレノはこれが映画デビュー作にしてアカデミー主演女優賞にノミネートされるほどの評価を得たわけだが、ニューヨークに1人でやってきて、右も左も分からない状態で不安感に苛まれながらも、どうにか道を切り開いていこうとする女性を好演している。監督/脚本のジョシュア・マーストンもこれが実質的なデビュー作であり、今後もこの2人の活躍が期待される。

こないだニューヨークに行ったとき「相変わらず皆がスペイン語しゃべってんなあ…」と思ったけど、そうした人々はこの映画の登場人物のような、貧しいがために故郷を捨ててアメリカにやってきた、という人が大半なんだろう。少しショッキングなラストも含めて、いろいろ考えさせられる映画だった。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now