アメコミ・アニメの金字塔として名高い、フライシャー・スタジオ製作のカートゥーン「スーパーマン」全17エピソードをDVDで観る。 これは1941年に製作された古典的シリーズであり、当時としては破格の1話あたり10万ドルという製作費をもって作られたエピソードの数々は、21世紀になってから観ても十分に面白い。公開時はテレビじゃなく劇場で放映したんじゃないかな?
1エピソード10分という短い時間ながら、「あれは鳥か?飛行機か?」というおなじみのフレーズから始まり、最後に「スーパーマン、悪人を逮捕する」といった新聞記事の見出しで終わるまでがスリルとアクションに満ちていて楽しい。マッド・サイエンティストやハイテク強盗団、あるいは自然災害といった様々な脅威にさらされる人々を見て、「これはスーパーマンの出番だな」という決めゼリフとともにスーパーマンに着替えるクラーク・ケントや、特ダネを追うためにいつも危険にさらされるロイス・レーンなどの描写も非常にいい感じ。戦時中に作られた作品ということで、丸メガネに出っ歯の日本人が悪役として登場するのはご愛嬌。

アニメーションの出来も60年以上も前に作られたとは思えないほど滑らかで、口しか動かないような日本の紙芝居アニメとは大違いだ。最近では3次元アニメが主流になってしまって、天下のディズニーも2次元アニメ映画の製作をとりやめたようだけど、人間の微妙な表情なんかは2次元アニメのほうがまだまだ優れてると思うんだよなあ。人物の影を効果的に使ったショットとか、黒煙を吐く船の煙突が火山にオーバーラップする場面転換のシーンなんかはとても斬新に感じられる。あと宮崎駿が「ラピュタ」とかに転用した飛行ロボットをはじめ、メカのデザインがずいぶんカッコいいのもこの作品の特徴か。

せっかくのDVDとはいえ何の特典も付いておらず、映像や音声のクオリティもあまりよくないのは残念だが、歴史的にとても貴重な作品だろう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now