「GARDEN STATE」鑑賞

昨年公開され評判の良かった映画「GARDEN STATE」をDVDで観る。監督・脚本・主演を兼ねるのは、NBCの人気シットコム「SCRUBS」の主人公役で知られるザック・ブラフ。「SCRUBS」は未見なので彼の出てる作品を観るのはこれが初めてになる。どうも自伝的な要素が少し入ってるんだとか。 カリフォルニアで売れない役者をやっている主人公が、母親が死んだという知らせをうけ、故郷のニュージャージーに久しぶりに帰ってくることから物語は始まる。旧友たちと再会したのち、サムという名の少女(ナタリー・ポートマン)に出会った彼はサムの自由奔放さに惹かれていき、閉じきっていた心を徐々に開いていくようになる。そして彼は、長年のあいだ口をきかなかった父親ともよりを戻そうとするのだった…というのが大まかな内容。あまりにも簡素すぎる概説だけど、あまり話の展開があるような映画ではないから御勘弁を。旧友たちやサムの家族のエキセントリックな会話を楽しむような作品になっている。

良くも悪くも「自伝的に作った初監督作品」といった感じで、周囲の陽気さに主人公が1人だけついていけない描写とか、彼が精神安定剤を服用していたなんて設定は定番的すぎるきらいもあるが、決して鼻につくようなものではない。

主演のザック・ブラフは無表情で突っ立てることが多い役柄なのであまり印象に残らないけど、ナタリー・ポートマンがサムを生き生きと演じてるのはよかった。この人はお固いお姫様なんかよりも、活発な少女の役のほうがずっと似合ってると思う。そしてそれ以上によかったのが、主人公の悪友を演じるピーター・サースガード。マリファナばかり吸ってる墓堀り人夫なんだけど、無愛想ながら友人のことを気にかける奴という役を好演。あと主人公の父親をイアン・ホルムが怪演してます。

imdbの書き込みなんかを読むと「主人公たちにとても共感できた!」なんてのが多いけど、個人的にはそうでもなかったかな。話がアメリカンすぎるのか、俺が年とりすぎたのか、それとも単に感受性がないだけなのか。ブラフが自ら選曲したというサントラも好評らしいが、あまり俺の趣味には合いませんでした。でも話のツボをきちんと押さえたつくりになっているし、ラストもしんみりした感じで終わるし、デートムービーなんかにはいいんじゃないでしょうか。

主人公が乗り回す、サイドカーつきのバイクがカッコいい。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now