CBSの新作シリーズ。第1話の監督はブレット・ラトナー。

子供の頃から諜報部員に憧れていたリックは努力がかなってCIAに入るものの、自分が配属されるはずだった部署は予算削減のため閉鎖の憂き目にあっていた。落胆するリックに、上司は代わりの仕事を与える:それはCIAの秘密組織であるClandestine Administration and Oversight Services (CAOS)のなかでも風変わりな連中がそろったチームに加わり、彼らの行動を内密に上司に報告するというものだった。さっそくリックが入れられたそのチームは狡猾なリーダーのほか、スコットランド人や「人間兵器」の通称を持つ男といった奇妙な面子が揃っており、彼らはリックがやってきた理由をすぐに見抜き、逆に彼を恐喝してチームの任務を無理矢理手伝わせることに。そして彼らは囚われたフランスのジャーナリストを救出するために、上司の命令も無視してスーダンに向かうのだが…というようなのが第1話のあらすじ。

それなりに国際問題とかを扱ってるんだけど、内容は基本的にコメディであってシリアスなものではない。アクションも多いあたりは「CHUCK」とかに似てると言えるかな。第1話では豪華に砂漠ロケとかしてたけど、今後はどこまでその規模が保てるやら。それとキャストが比較的豪華で、リック役をフレディ・ロドリゲスが演じるほか、エリック・クローズやティム・ブレイク・ネルソンといった役者が出演している。「ギャラクティカ」のゲイタ君もちょろっと出てたぞ。ティム・ブレイク・ネルソンは映画の人と言う印象が強いので、こういう地上波シリーズにレギュラー出演するのは意外だな。またフレディ・ロドリゲスは「グラインドハウス」のラフなイメージが強いので、小綺麗でマヌケなリックの役はちょっと違和感があったな。

アクションもあるしコメディもあるし、無難に楽しめるシリーズではあるんだけど、逆に特筆すべき点もそんなに無いかな。各エピソードごとに異国に侵入する展開ではすぐにネタ切れになるかも?また放送局と製作会社がモメたとい話も聞いたので、もしかしたらあまり長続きしないかもしれない。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now