トロント考

トロントにいられるのもあと2日ほどなので、とりあえず「まとめ」のようなものを書いてみる。意見のある人はコメント欄に記入するように。まずはトロントの感想を。 過去に住んだことのあるイギリスとかアイルランドに比べると、トロントは良くも悪くも非常に無味乾燥な土地である。近代的な観光名所はCNタワーくらいしかないし、歴史的な建造物なんてのはゼロに等しい。歴史の浅いトロントにおいては最古の建物といってもせいぜい18世紀後半に建てられたもので、16世紀もしくはぞれ以前の建物が数多く存在するケンブリッジやダブリンと比較すると非常にちゃちなものに感じられてしまう。そして通りには新しい店が建ち並び、街全体が1つの大きな商店街のようになっている。どこまで行ってもそれなりに店が並んでるのは便利であるものの、所沢プロペ通りが観光名所とは遠くかけ離れているのと同様の理由で、全体的にチープな雰囲気が漂ってるのは否めない。基本的にカナダには歴史の重みが感じられないのだ。

でも国の歴史が浅いというのはメリットもあるわけで、それがカナダにおいては「移民のしやすい国」という形で現れているのではないか。インディアンやイヌイットたちを除けば長らくこの国に住み着いている人たちがいないわけで、日本なんかに比べると住民同士のしがらみのようなものがごく僅かにしか感じられないのだ。今まで訪れた都市のなかでも、トロントはおそらくいちばん人種が混じり合っている所だと思う。ニューヨークなんかも人種のるつぼだけど、あそこは英語系とヒスパニック系が比較的明確に別れているのに対し、トロントは白人も黒人もアジア人も皆が英語を話して仲良く暮らしてるという印象が強い。チャイナタウンやコリアンタウン、インディアンタウンといった異国情緒に溢れた区域もあるものの、特に排他的にならずに他の人種の人たちとうまくやっているようだ。

そして他国でそれなりの人種差別を経験したことのある自分から見ると、これってものすごく素晴らしいことだと思う。異国から来た者にとっては、特定の人種だけで成り立ってるようなところよりも、いろんな人種が仲良く住んでるところのほうが気楽にとけ込み易いのは言うまでもない。そしてトロントは人種の多様化を積極的に支持しているようなところがあって、それには非常に共感が持てるのです。自分と異なる人間を変に排他的に扱うよりも、「ま、いいじゃないの」という感じで受け入れたほうが、いずれ自分のためにもなると思うんだがなあ。そして人種の多様化を受け入れていくうちに、思想や性的嗜好(同性愛とか)とかも受け入れるようになるようになり、いろんな人間がお互いの多様性を許容しながら暮らしていく、というのは国家の理想的な形だと思うんですが、どうでしょうか。

これに比べて日本は国民の統一性が重視されがちだから、ちょっと政府の方針に異議を唱えただけで「反日」だの「亡国」だの言う輩が存在するが、政府に反対意見を言っただけで国が潰れるようなら、イギリスなんて何度も潰れてますって。アラン・ムーアがかつて、「統一は力なり」という考えはいずれ「均一は力なり」に転じてファシズムにつながる、みたいなことを言ってたがその通りだと思う。アメリカだって現在は「俺の味方じゃない奴はみんな敵だ」みたいなことを大統領が言うようになったけど、かつてはトマス・ジェファーソンが「異議を申し立てることは、最大の愛国心の形式である」なんて言ってたんすよ。

もちろんカナダと日本は歴史から国土面積から人口から他国との関係に至るまで非常に多くのことが違うわけで単純に比較することはできないし、トロント以外の地方の人種の比率がどんなんだかも知らないけど、もうちょっと日本も(サブカルチャーとかじゃなくて)多様性を培ってもいいんじゃないの、と考える次第です。現在のところは移民する気はないので日本に帰るけど、もし日本での生活が本当に窮屈になったら、その際はトロントに移民することを選ぶだろう。それまでにカナダが排他的な国になっていないことを願うばかりである。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now