BBCの全3話のミニ・シリーズで、主演は「ライフ・オン・マーズ」のジョン・シムとジム・ブロードベント。

性格に難がありロンドンでの職を失ったジャーナリストのトムは、10数年ぶりに地方の実家へと帰ってくる。そこには同じくジャーナリストだった父親と妹が暮らしていたが、父親はアルツハイマーにより息子の顔も分からない状態で、彼の面倒を妹が長年見ていたのだった。トムには10代のときに父親が保管していたファイルを覗き見たことで彼にひどく殴られ、それがきっかけで家を飛び出したという過去があり、いったいそのファイルには何が隠されていたのか彼は探ろうとする。しかしそれによって地元の有力者にまつわる大きな陰謀が明らかになっていき、さらにトムは自分に関わる秘密を知ることになる…というようなスリラー。

いかにもイギリス的な、どんより曇った天気の下でどんより話が進んでいく作品で、観終わったあともあまりカタルシスのようなものは得られなかったりする。陰謀の謎解きもちょっと都合のいい展開が続いたりして、例えば精神病院にまつわる謎がでてきたときに、トムの彼女の母親がそこで長らく働いていたことが判明して彼女から手がかりを得たりするのはちょっと安直なんじゃないかなあと。事件の黒幕との対決も結構あっけなかったし。

あとはシムとブロードベントの演技に期待するしかないのだが、前者は酒ばっか飲んでるし、後者はアルツハイマーという役柄のため他人とのかけ合いが皆無でちょっと肩すかし。「トロピック・サンダー」の「Never go full retard!」ってのはこういうことかと実感しましたよ。むしろ父親の面倒を見ることで青春時代をすべて無駄にした妹の演技の方が悲哀が出ていて良かったな。

全体の作り自体は手堅いので観ていて飽きるような作品ではないし、視聴者の評判も良いようなのだけど、人気俳優を2人起用し、アルツハイマーという題材を扱っていながらも比較的平凡な内容になってしまったのが残念。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now