映画三本

いま出張でアメリカに来てるわけですが、行きの飛行機の中で観た映画の感想をざっと:

「THE MECHANIC」
オリジナルは未見。なんかものすごく平凡なアクション映画。ジェイソン・ステイサムってもっと幅の広い演技ができる人なんじゃないかと思うんだけどね。殺し屋がボンクラを弟子として育てるんだけど、ボンクラはやはりボンクラでしかなかった、というような話。殺し屋の主人公が毒殺を好むのがカッコ悪いといえばカッコ悪いな。

「THE COMPANY MEN」
これって監督はジョン・ウェルズだったのか。長年勤めた会社をクビになった男たちの悲哀を描いているのはいいんだけど、いままでゴルフ三昧だったブルジョアが職を失って肉体労働をするようになり、素朴にお金を稼ぐことの喜びを知る、というような演出はちょっとクサい。人がどんどんクビになっていく一方で企業のトップが金持ちになっていく状況への言及とかはあるものの、社会批判の色が薄いのが個人的には残念。あとクリス・クーパーのキャラクターの扱いが尻切れトンボになってない?

「NEXT THREE DAYS」
殺人の容疑で収監されてしまった奥さんを救うため、夫がYouTubeでテクニックを学んで彼女の脱獄を試みるという話。どうも行き当たりばったりの展開が多く、偽パスポートを用意する男のキャラがやたら立ってるのにすぐ消えてしまったり、脱獄を入念に計画してるようで夫は意外と力技に頼るし、そもそもそんな計画を立てるヒマがあったら、奥さんが無罪であることを頑張って証明するのが先じゃないのか?ウジウジ悩む主人公に無骨なラッセル・クロウはミスキャストだよな。ポール・ハギスの映画ってどれも主人公がウジウジ悩んでるような気がする。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now