c0069732_232591.jpg

ここ数日「コンスタンティン」関連のヒットが多発していて、このページを多くの人たちに読んでもらえるのは嬉しいことなのだけれども、「原作と違うダメ映画じゃーん」と書いておきながら原作がどんな作品なのか説明してないのはちょっと無責任かなと思い、原作となったコミック「HELLBLAZER」の紹介を簡単にさせてもらいます。

ただ以前にアメコミ紹介のサイトを運営してたときに痛感したのが、アメコミって基本的に人気さえあれば延々とシリーズが続くので、長いストーリーの過程で登場人物の設定がコロコロ変わったり、過去にあった話が「なかったこと」にされてしまうのがザラに起きるということ。おかげで例えば「コンスタンティンは金髪である」と解説しても、翌月には「彼は生まれつき黒髪だった」なんて設定に変えられるかもしれないのだ。こればっかりはどうにもならないので、とりあえず自分が一番よく読んだ、ガース・エニスがライターを担当してた頃(#41ー83)のストーリーを参考にします。映画版もここらへんのストーリーをベースにしてるので問題ないかと。現在の「HELLBLAZER」は#200を超えているので、後のストーリーと矛盾があるような場合は御免。

主人公のジョン・コンスタンティンはリバプール生まれのイギリス人で、生年は一応1953年とされているが正確な年齢は不明(コミックのキャラなので)。母親は彼を出産中に死亡し、酒飲みの父親のもとで姉のチェリルとともに育った。

コンスタンティンの家系は何世紀にもわたり魔術師を生み出してきた家系で(ただし由緒あるものではない)、コンスタンティンも10代の頃からオカルトに興味を抱くようになる。父親に反発して家出した彼はロンドンに向かい、生涯の親友となるチャズに出会う。またパンク・ロックのムーブメントにも影響されてバンドを結成、レコードを1枚発表する。この頃のコンスタンティンは、オカルトかぶれの自意識過剰な青年だったようだ。


そして彼は自分の力量も知らずに、ニューキャッスルでバンド仲間たちと悪魔祓いを試みるが、これは最悪の方向に向かい、ある幼い少女が地獄に堕ちる結果となる。この件で発狂寸前となったコンスタンティンは精神病院に入れられてしまう。ちなみにこの精神病院の名前「レイヴンスカー」は映画版の病院の名前でもある。

数年後に精神状態を回復し病院から解放されたコンスタンティンは、以前に比べて少しは落ち着きのある人物になったものの、相変わらず人の気に障るような奴としてロンドンに住んでいる。そして文字通り過去の過ちの亡霊に悩まされながら、彼はオカルトにまつわる出来事にいつも巻き込まれていくのだ…。

上記が「HELLBLAZER」の一応の非常に大まかな設定。ものすごく極論すると映画版のように「悪魔との戦い」が主流のストーリーであるものの、オカルトとは直接関係ないギャングの抗争や監獄での暴動などに巻き込まれることもある。なお原作のコンスタンティンは基本的に「口の達者なイヤな奴」であってヒーローではない。しかも悪魔などとの戦い方の手際が悪いというか、大抵の場合は身近な人間が犠牲になってやっと勝利を得るような状態で、後になって犠牲者の亡霊(多数)が彼の目の前に現れることもある。長年続いてるシリーズなのに昔からの登場人物が意外と少ないのは、実は大半が死んでしまっているからなのだ。ふざけた奴のように見えながらも、実は暗い運命を抱えているコンスタンティンの姿こそが人気の理由だろう。

ちなみに職業は「無職」(笑)。金持ちではないものの、常にどこかから金を入手してきてタバコ(愛用はシルクカット)と酒につぎ込んでいる。またオカルトの知識に精通しているだけでなく、輸血によって体内に悪魔の血が混じってたり、簡単な催眠術を使うことができるものの、彼の具体的な能力は明確には説明されていない。映画版みたいに悪魔と正面切って戦うことはなく、ウソとハッタリで場を切り抜けるようなタイプである。未だに謎めいた部分のあるキャラクターであり、そういう意味では主人公を張ってる「HELLBLAZER」よりも他のコミックに脇役で出てきたほうが、さらに謎めいた感じがして面白かったりする。

あとコミックでの初登場はアラン・ムーアの執筆していた「SWAMP THING」にて、スワンプ・シングに自らの能力を自覚させる謎めいた人物として登場したのが始まり。よって実は「HELLBLAZER」は「SWAMP THING」のスピンオフ・シリーズだったりする。ムーアをはじめジョン・トットルベンやリック・ヴィーチといった当時の「SWAMP THING」の作家たち6名が共同でコンスタンティンの創作者として認識されている(はず)。ムーアはこの後「ウォッチメン」に続くミニシリーズ「TWILIGHT」にてコンスタンティンを主役的存在として使うはずだったが、「ウォッチメン」の著作権に関してDCコミックスとケンカしたため、このシリーズはお流れとなり、ジェイミー・デラーノがライターとなって「HELLBLAZER」が始まった…ということらしい。デラーノの後はガース・エニスやポール・ジェンキンズ、ブライアン・アザレロといったライターたちがストーリーを執筆している。

ダラダラと長い文章になったけど、こんな説明で原作の内容が分かっていただけたでしょうか?確かに原作のコンスタンティンってハリウッド大作の主人公とは縁遠いタイプなんだけど、だからってあんなに原作を無視した映画にしなくても…。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now