とてもひどいダメ映画。アメリカで酷評されたので覚悟して観たけど、予想をはるかに下回る出来だった。とりあえず観ててダメだと思った点をいろいろ挙げていく。ネタバレがあるかもしれないがどうでもいい:

・話に起伏がない。というかストーリーが殆どない。たまにちょっと静かなシーンがあってもお決まりの展開(死に行く肉親とか)が披露されるだけで、あとは最初から最後までドンパチが続くだけ。
・キャラクターが全く立ってない。主人公にちょっとだけバックグラウンドがあるだけで、あとは誰もが一緒に見える。軍隊だからみんな同じ服装なのでさらに見分けがつかない。かといって戦闘のプロかというとそうでもなくて、攻撃されるとみんなパニックに陥ってるのは情けない。
・エイリアンがカッコ悪い。普通なら「相手はどんな格好してるんだろう?」といった好奇心を抱かせてくれるはずだが、この作品はエイリアンの解剖シーンがありながらもエイリアンの外見がよく分からないというお粗末さ。おまけに彼らが用いる兵器や乗り物も地球のものに良く似ていて面白みなし。
・役者がみんな叫びっぱなし。演技なんかが入る余地なし。ずっと大声で叫んでるだけ。

他にもいろいろあるんだがここらへんでやめとく。なんか敵がエイリアンだという必要はなかったんじゃないの?とまで思ってしまった。何が目的で侵略してるんだかよく分からないし(冗談のような推論は紹介される)、こうした侵略ものって圧倒的な戦力を持つエイリアンを人間側の機知でどうやって倒すかが大きな醍醐味だと思うんだが、ここでは力で力を制しているだけ。話にヒネリも何もない。

戦争ものと侵略ものの映画なんてのは今まで数多とつくられてきたわけで、参考になるネタとかはいくらでもあったはずなのに、なんでこんなゴミ作品が大金をかけて作られたのかは理解に苦しむよな。もうこの監督は2度と映画を作るべきではないと思う。同じロボット(?)との戦闘なら、「ギャラクティカ」のシーズン3冒頭のほうがはるかに迫力があったしストーリーも豊かだったぞ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now