インベイジョンものをもういっちょ。TNTの新作シリーズで、プロデューサーにはスティーブン・スピルバーグや「JUSTIFIED」のグラハム・ヨストなどが名前を連ねている。主演は「ER」のカーター君ことノア・ワイリー。

舞台となるのはエイリアンが地球を侵略し、人類の90%近くが虐殺されたあとのアメリカ。僅かに残った人類はレジスタンスを結成し、食物などを探しながらエイリアンへの抗戦を行っていた。ボストンで歴史学者をしていたトムはその知識を見込まれて300人ほどのグループの副リーダーに任命され、2人の息子とともに過酷な世界での生き残りを図るが、侵略以来行方不明になっていたもう1人の息子がエイリアンの捕囚になっていることを知り、いつか彼を救い出すことを誓うのだった…というような話。

エイリアンの侵略から半年たったところから話が始まるため、エイリアンの総攻撃などといった派手なドンパチは(今のところ)あまり出てこない。上の画像にある「第9地区」を彷彿させるような巨大建造物もチラと見せられるだけで、あとは廃墟で食べ物を探す人間たちの姿が描かれるといった、ビジュアル的には比較的地味なものになってるかな。

そして残された人類が生き残ろうとするさまは「ジェリコ」や「ウォーキング・デッド」に似ているかも。武器を持った者と一般市民とのいざこざとか、略奪をしている荒くれ者たちとの駆け引きなんてのも「ジェリコ」とかで既に扱っていたような。そして主人公はアメリカの独立戦争についての知識を駆使してレジスタンスを率いようとするんだが、そこがちょっと衒学的になっているというかストーリーにうまく組み込まれてない感もあった。

「ギャラクティカ」のようなバリバリのSFを期待すると肩すかしをくらうかもしれないが、今後の展開が面白くなる可能性はある作品。スピルバーグが絡んでいるので、いずれ日本でも放送されたりするんじゃないでしょうか。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now