BBCの新しい(ミニ・)シリーズ。全6話。

1956年のテレビ業界(要するにBBC)を舞台にしたサスペンスで、主役となるのは野心家の若きジャーナリストのフレディ。既存のニュース番組の形式に不満を抱いていた彼は、相棒の女性プロデューサーとともにより時代のニーズにマッチしたニュース番組「THE HOUR」を立ち上げ、同じく野心家で女好きのニュースキャスターが起用される。しかしその裏では大学教授が何者かに暗殺され、政府の機関が調査にあたるという事件が起きていた。そしてその事件について何かを知っていた上流階級の女性がフレディの友人であったことから、フレディは大きな陰謀に巻き込まれていく…というようなプロット。

主人公のフレディを演じるのはベン・ウィショー。誰だっけ。「パフューム ある人殺しの物語」の人なのね。狡猾そうなニュースキャスターを演じるのは「ザ・ワイヤー」のマクノルティことドミニク・ウエスト。彼がイギリスのドラマに出てるのって初めて観たな。彼らと三角関係になるプロデューサーをロモーラ・ガライという女優が演じてるのだけど、若い頃のシェリー・ストリングフィールドに瓜二つ。あと「トーチウッド」のオーウェンなんかも出てるぞ。

50年代が舞台ということで「マッドメン」を意識してるんだろうし、批評などでも「マッドメン」との比較が多いみたい。今年はアメリカでの地上波ネットワークでも「マッドメン」にあやかって、50〜60年代を舞台にしたドラマがいくつか出てくるんだが、キャストが白人ばかりになりがちなのが好きではないんだよな。

そしてこの番組の出来自体はどうも重くてだるい感じ。主人公のイヤミなところが目立ってしまって番組に対する情熱がうかがえないし、サスペンスの部分も何がどうヤバいことになりそうなのかがよく分からない。50年代の雰囲気作りに力を入れすぎたのか、話の展開が遅すぎるんだよな。主人公がどんな陰謀に巻き込まれるのか、もうちょっと明らかにしてもよかったのに。こうした時代ものはBBCの得意とするところだろうし、製作が「ライフ・オン・マーズ」のキュードス・プロダクションなのでもっと面白くできそうなものなんだけどな。とりあえず全話放送されて評判が良かったらまた観ます。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now