字幕版3Dにて。3Dの意味なし。というか字幕のエッジが赤くなる現象がたまに起きてたんだけど、あれ何だろう?

いろいろ金かけてるはずなのに残念な出来の映画であったよ。必然的に主人公のオリジンを描いた内容になってるんだが、GLのオリジンなら傑作「エメラルド・ドーン」とか最近のジェフ・ジョンズのやつとか「ニュー・フロンティアー」とかコミックからいくらでも引っ張ってこれるはずなのに、どうも凡庸なものになってしまっている。imdbによるといちおうジョンズがコンサルタントとして関わったり「エメラルド・ドーン」も参考にされたらしいけど、本当かなあ?どうも80年代の特撮映画を観ているというか、あまりコミックに詳しくない人が脚本を書いているような印象を受けたけどね。

出演者はライアン・レイノルズが思ったよりもそんなに悪くなくて、いちばん演技が巧いのは当然ながらピーター・サースガード。完全なミスキャストはキャロル・フェリス役のブレイク・ライブリーで、コミックだと自由奔放に空を飛び回るハル・ジョーダンを地上から見守る大人びた社長令嬢という設定がよかったのに、戦闘機を乗り回す小娘なんかにしてどうするんだよ。あとティム・ロビンスはこうした大作の脇役ばかりやってないで、またインディー映画で主役とかやるべきではないかと思う。それとアマンダ・ウォーラーという(コミックでは)強烈なキャラが出てきたので「これはスーサイド・スクワッドへのスピンオフの布石か?」と一瞬期待したけど、ただのヘタレな役人でしたな。

せっかく大空や大宇宙を自在に飛び回れるヒーローの話なのに、飛行場のまわりをウロウロしてたり、CGのハリボテみたいな惑星が出てきたりと、どうも全体的にショボい作りになっているのも残念。「アイアンマン」くらいの飛翔シーンはやって欲しかった。ハルの父親は離陸時に事故死するし、最後もパララックスと地面に立って勝負するなど、どうもダイナミックさに欠けるんだよな。あとパララックスのデザインがカッコ悪すぎ。黄色いタコみたいだったぞ。ガーディアンズもCGでなく人間の役者を使えば良かったのに。

企画の段階で右往左往してたらこんなの出来ちゃいました、というダメ作品の好例。批評的にも興行的にも失敗してるのは製作側も分かってるはずなので、続編を作るとしたらもっと本腰を入れて作って欲しいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now