ちょっと前の記事だが、ワイアードより

音楽ファイルの違法ダウンロード利用者に対する訴訟の連発、合法的ダウンロードの値上げの噂、日本版iTMS開始に対する徹底的な抗戦姿勢などの話を聞いてると、レコード業界の連中って映画業界よりもイヤな奴が多いような気がしてくる。TVシリーズが再放送やDVD化されるときに使用されてる音楽の権利量がバカにならないという話は今に始まったことではないが、俺に理解できないのは音楽って演奏・放送されてこそ価値があるメディアなわけで、権利料をふっかけることで演奏を阻止するというのはカエルを刺して共に溺死するサソリのようなものじゃないでしょうか。

知っている限りでは音楽の権利って放送の権利よりもさらにややこしいもので、アーティストへの印税や権利期間、放送の詳細などが細かく設定されているらしい。放送権を買ったからって音楽権が付いてくるとは必ずしも限らないので、音楽権の問題により日本で放送できなかったシリーズの噂も聞いたことがある。この記事にあるように楽曲の差し替えも1つの手段だろうけど、ファンとしては納得いかないよなあ。しかも曲を書いたアーティスト自身は違法ダウンロードに寛容的で、レコード会社だけが意固地になっているような場合もあると聞く。ファンとアーティストの意見を無視してまでカネにこだわるか、という感じだ。

韓国ではドラマに日本や欧米の楽曲が権利を無視するような形でバンバン使われているという話を以前に聞いて驚いた覚えがあるが、むしろ国をあげてレコード会社を無視する、というのもありかもしれない。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now