イギリス発のSFホラー/パニック映画。

舞台となるのはサウス・ロンドンの、あまり裕福ではない区域の団地。ガイ・フォークス・ナイトということで花火が舞うなか、奇妙な物体が空から落ちてくる。団地に住むゴロツキで、通行人から金銭を巻き上げたばかりのモーゼス率いる少年ギャングたちはその物体に遭遇し、中にいた獰猛な生物に襲われるものの逆にそれを殺害し、その死体を担いで意気揚々と団地へと引き揚げる。しかしその後さらに凶暴な生物が団地のまわりにつぎつぎと飛来し、モーゼスたちを狙って団地を襲撃するのだった…というストーリー。

マッシヴ・アタックのPVに出てきそうな薄汚い団地を舞台に、次々と現れるクリーチャーたちと闘う少年たちの姿は非常に見応えあり。全体的なノリとしては80年代にVHSで観てたB級インベイジョンもの(「クリッター」とか)にかなり近いんだけど、あれらの作品の多くは主人公が純朴な少年たちだったのに対し、こっちはストリートワイズな不良少年たちが主役だというのがポイント。だから武器もナタとか日本刀を使いこなしてたりもする。話の冒頭から女性をカツアゲして財布を奪ったりしてるし、こういうゴロツキにどこまで感情移入できるかが作品の評価の分かれ目になるかな。サウス・ロンドンのギャングのスラングもバンバン出てくるので、字幕がないと観るのはキツいかも。

あと団地を襲撃するクリーチャーはヌルヌルもヌメヌメもしてないゴリラの着ぐるみのような外観ですが、真っ黒な体に鋭い牙だけが闇の中で光るという演出はなかなか巧いですね。彼らに関する伏線が結構バレバレなのは少し残念でしたが。

これが初作品となる監督のジョー・コーニッシュは実際にギャングにカツアゲされたことでこの映画を考案したんだとか。プロデューサーにはエドガー・ライトも名を連ねていて、ニック・フロストも出演してるぞ。ニック・フロストのエイリアン映画としては「宇宙人ポール」よりもこっちのほうがずっと面白かったんだけど、日本での公開予定はいったいどうなってるんだろうか。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now