日本でもトレーラーが一部で話題になってたホラーコメディ。というか純然たるコメディ。

ウェストヴァージニアの湖畔へキャンプにやって来た大学生たち。彼らは途中で立ち寄った店でタッカーとデールという2人のヒルビリーに目をつけられて不気味に感じるが、実はタッカーもデールも単なる気のいい田舎者であった。しかしそんなことを知らない大学生の1人が夜中に彼らの姿を見て驚いて昏倒してしまい、タッカーたちが彼女を介護のために自分たちの小屋に連れて行ったことから、残りの大学生たちは彼女が猟奇的な殺人犯に誘拐されたと思い込み、『救出』を試みるものの、勝手に自滅して1人また1人と凄惨な死を遂げていく…という内容。

タッカーを演じるのは「トランスフォーマー3」のアラン・テュディックで、デール役は「REAPER ~デビルバスター~」のデブ君。彼らに介護される女子大生は「30 ROCK」の悩殺美女アシスタントの子が演じてたのか。役柄がまったく違うから気付かなかったぞ。

「悪魔のいけにえ」とか「13日の金曜日」みたいな「田舎で惨殺される大学生」もののコンセプトを裏返した発想は見事だと思うものの、脚本や演出がその発想に追いついていってないところがとても残念。そもそもトレーラーがおいしいところ(=死亡シーン)を殆どバラしてしまっているため、本編を観ていてあまりサプライズがなく、変に話の進行に予定調和がとれたものになってしまっていたよ。トレーラーを無理に長尺にした映画という感じ。

またタッカーとデールも大学生たちもみんなが「いい人」たちであることが冒頭から明らかであるため、大学生が次々と死ぬところもだんだん素直にわらえなくなってくるんだよな。彼らの1人がサイコ野郎になる展開とかは面白かったんだけど、もうちょっとヒネリが欲しかったというか。冒頭の伏線(?)もうまく回収できてなかったし。

アイデアは素晴らしいのにそれをきちんと活かせなかったのが勿体ない作品。トレーラーは面白いんだけどね…。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now