去年ほど明確な順位付けができそうにないので、良かった映画を日付順に10本挙げていく:

DOGTOOTH
実はこれを年間ベストに推したい気持ちもあるんだけどね。でも単なるキワモノ好きのように思われるので。ギリシャ映画は今年も注目しよう。

127時間
ラストのシガー・ロスの曲がかかるシーンがとても素晴らしいです。

恋とニュースのつくり方
普通だったら選ばないような出来の作品ですが、震災後にモヤモヤしていたしていたとき観に行ったらいい気分転換になったので、感謝の念を込めて。

ブラック・スワン
アロノフスキーの作品としては「レクイエム」と「レスラー」の延長線上にあるような感じで決して期待してたほどではなかったのですが、それでも出来の良い映画であることは間違いない。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション
今年のアメコミ映画のなかではこれがいちばん好き。マシュー・ヴォーンやるじゃん。

ミッション: 8ミニッツ
純粋に楽しめるSF映画。邦題が残念なところではある。

スーパー!
繰り返して言うが、目の前で行列に割り込んだ奴を撲殺する光景は素晴らしい。

サブマリン
飛行機のちっちゃい画面で観たことには気が引けるが、とてもよく出来たボーイ・ミーツ・ガールものだよ。

ATTACK THE BLOCK
ニック・フロストなら「宇宙人ポール」よりこっちのほうが面白いよ。来年に日本でも劇場公開されるはず。

WARRIOR
最近観たばかりだから印象が強いのかもしれないが、しっかり作られたスポーツ映画でした。

他にも良かったのは「FOUR LIONS」「トゥルー・グリット」「マイティ・ソー」「MI4」などなど。

それなりに観ているようでイーストウッドとかソダーバーグあたりの作品が抜け落ちているのはいかんなあ。来年はアジアの映画もしっかり観ないと。そして非リア充であるがゆえにロマンス映画を敬遠してるのではないかと、映画のリストを見ていて気付いた次第です。もっとまんべんなく鑑賞しないといかんですね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now