インターネット上で違法にテレビ番組をダウンロードしてる連中はイギリス人が1番多く、2番目はオーストラリア人だとか。要するに自国のテレビがアメリカの番組にどっぷり浸されていて、英語を理解する人々のいる国ですね。アメリカで放送された新しいエピソードを見たいがためにインターネットにすがるわけで、極端な例だとエピソードの放送直後に動画がネットに流されてるとか。アメリカやカナダでのダウンロードが少ないのはリアルタイムで新エピソードが見れるからなのだが、イギリスで世界初放送されてるはずの「Battlestar Galactica」がイギリスでもダウンロードされてるのは、このシリーズが有料チャンネルで流されてるかららしい。 こうしたことを考慮すると、iTunes Music Storeのように「ドラマをネット上で切り売りするサービス」が本格的に開始されるのも遠い話ではないかもしれない。みんなタダで入手してるのに、有料のサービスなんか成功するわけないと思う人もいるだろうが、iTMSも違法ダウンロードがまかり通ってたときに「合法なサービスを提供しない限り、不法なダウンロードは減少しない」という概念のもとで登場して大成功を収めたわけだ。
もっとも現在のところ製作側はテレビシリーズのDVDでボロ儲けしてるわけで、その儲けに影響するようなサービスは始めたがらないかもしれない。特典映像などでDVDとうまく差分化して、ダウンロードとDVD両方で儲かる仕組みにもっていければ一番いいんだろうけど。

そしてこうしたサービス(海外ドラマ限定で)が日本でも成功するかというと、やっぱり言語の壁は厚いなあと感じる次第である。インターネットのおかげで海外にあるファイルも容易に入手できるようになったとはいえ、「SIX FEET UNDER」を熱心に収集してる日本のファン、なんて聞いたこともない。せいぜい日本語版をリップしたファイルや、お世辞にも上手いとはいえない手製の字幕が付いたデータが流されてる程度だ(ちなみにフランスには、日本のアニメにせっせと字幕を付けて流してる連中がいるとか)。

もっとも日本はiTMSさえ開始されてないんですけどね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now