ABCのいわゆる「LOST」ライクな新シリーズ。去年の「THE EVENT」の失敗で「LOST」ライクな作品は当分出てこないかと思ったけど、やはり今年も出てきたか。まあ他にもエイブラムスご本人の「PERSON OF INTEREST」とか「ALCATRAZ」とかがあるけど、あちらはもっと一話完結ものに近いよな。

探検家のエメット・コール博士は20年以上ものあいだ世界の秘境を渡り歩き、自身とその家族の冒険を映したTVシリーズによって世界的な知名度を誇っていたが、ある日アマゾンの奥地へと探検に向かったまま消息を絶ってしまう。そして世間では彼は死んだものとみなされるが、その半年後に彼の非常用ビーコンが作動したことを知った彼の妻のテスは、まだエメットが生存していることを信じ、息子のリンカーンや撮影クルーを率いてアマゾンへ向かうが、そこで彼らが目にしたものは…というプロット。

アマゾンを舞台にしてるので「アナコンダ」に雰囲気がにているかな。あとは「モンスターズ/地球外生命体」とか。コール博士がアマゾンで魔術を調査していたことが示唆され、彼を捜すクルーが直面するのもオカルト的な存在になるみたい。とはいえクルーの1人に霊感の強い少女がいるのは少し安直すぎる気もしますが。あとクルーの行動がみんなカメラで撮影されてるので、「パラノーマル・アクティビティ」みたいなPOVホラーの要素も多分に含まれている…って原案者が「アクティビティ」の監督なのか。

コール博士を演じるのがブルース・グリーンウッドで、消息不明の人とはいえ過去のテープの映像としていろいろ登場しまくってます。妻のテスを「24」のレスリー・ホープが演じてるほか、プロデューサーにスティーブン・スピルバーグが名を連ねている。スピルバーグって今年やけにTVシリーズに関わってない?

第1話を観た限りでは「THE EVENT」みたいに大風呂敷を広げてるわけでもないし、意外としっかりした探検もの/ホラーとして楽しめた。ただ話の舞台が限定的だし、登場人物も少ないのでこれから長く続くシリーズになれるかは微妙なところかな。まあ人気が出ればあの手この手で長続きさせられるんだろうけど。多くの「LOST」ライクな作品と同様に、いずれ日本でもどこかで放送されるでしょう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now